【横浜市中区の刑事事件】侮辱罪で取調べ要請~親告罪の示談交渉に精通した弁護士

2018-03-27

【横浜市中区の刑事事件】侮辱罪で取調べ要請~親告罪の示談交渉に精通した弁護士

神奈川県横浜市中区に住むAは、自治会の会合中、以前からトラブルのあったBに対し、公然と「この大馬鹿野郎。間抜け野郎」等と怒鳴りつけ罵ってしまいました。
数日後、神奈川県山手警察署の警察官から侮辱罪の疑いで取調べの要請を受け、不安になったAはBに謝ろうとしたところ、取り合ってもらえず今度自宅に来たら通報すると言われてしまい、今後について刑事事件専門の弁護士に相談しました。
(事例はフィクションです。)

【~侮辱罪~】
公然と人を具体的な事実を適示することなく侮辱した場合、侮辱罪が問われます。
侮辱罪は名誉棄損罪と同様、「公然」と人の人格的な価値に対して侵害する、といった点は同じです。
名誉棄損罪と侮辱罪は、公然と適示された事実の程度によって判断されます。
社会的な地位を害する「具体的な事実」であった場合は名誉棄損罪、そこまでには至らず人の社会的な地位を低下させるような犯人の抽象的判断や批評であった場合は侮辱罪になるとされています。
侮辱罪では口頭や文書であっても成立します。
侮辱罪では近隣・知人とのトラブル、男女トラブル等が発端となるケースもあります。
侮辱罪親告罪ですので、侮辱罪で逮捕・在宅送致された場合、不起訴処分を目指すには相手の方と示談交渉、告訴状を取り下げてもらうことが重要です。
しかし上記トラブルが発端となったようなケースでは、相手の方もさらなるトラブルが起きるのではないか、と不安になり加害者側との示談交渉に不安を覚える方もいます。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は様々な刑事事件を扱っておりますので、示談交渉にも精通しています。
侮辱罪で逮捕された、取調べ要請を受けている、等とお困りの方は弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所までお問合せ下さい。
神奈川県山手警察署 初回接見費用:3万6400円)

ページの上部へ戻る