海老名市の刑事事件~児童ポルノ禁止法違反(児童買春)~性犯罪事件に強い弁護士

2017-11-24

海老名市の刑事事件~児童ポルノ禁止法違反(児童買春)~性犯罪事件に強い弁護士

海老名市に住むAさんは、SNSを通じて知り合った少女に対し、18歳未満と知りながら、金銭を支払って性的関係を繰り返していました。
その後、Aが児童買春していたことが発覚し、神奈川県海老名警察署の警察官に児童ポルノ禁止法違反児童買春)の疑いで家宅捜索された後、逮捕されました。
(事例はフィクションです。)

児童買春とは】

児童ポルノ禁止法(正式名称、「児童買春、児童ポルノに係る行為等の規制及び処罰並びに児童の保護等に関する法律」)で規制されている行為の1つに「児童買春」があります。
児童買春では、18歳未満の児童に対し、金銭を支払う等して性交等する行為について、「5年以下の懲役または300万円以下の罰金」と重い刑罰を定めています。

神奈川県海老名市性犯罪事件なら・・弁護士に相談】

児童買春等の児童ポルノ禁止法違反の疑いが掛けられ、逮捕前に関係先を家宅捜索された場合は、刑事事件専門の弁護士にご相談することをお勧めします。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件専門の弁護士事務所です。
弊所では、児童買春等の性犯罪事件についても刑事弁護の経験が豊富な弁護士事務所で、初回については無料相談にて対応しております。
また、ご家族が児童買春等の性犯罪事件で逮捕された場合、弊所では、ご契約前に、刑事事件専門の弁護士が留置施設等に面会に向かう、初回接見サービスをご提供しております。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所横浜支部では、神奈川県海老名市刑事事件性犯罪事件も対応しておりますので、まずはフリーダイヤル(0120-631-881)までお問合せ下さい。
神奈川県海老名警察署 初回接見費用:3万8800円)

 

ページの上部へ戻る