無実・無罪を証明してほしい

無実なのに有罪判決を受けてしまうという冤罪事件や、やったことについて犯罪は成立せず無罪なのに有罪判決を受けてしまうということは、本来あってはならないことです。

しかし、刑事司法を動かすのは人間であり、人間は時として間違った判断をしてしまう可能性がある以上、冤罪であったり犯罪が成立しないのに、有罪判決が出てしまう可能性はあります。

あいち刑事事件総合法律事務所―横浜支部は、無実・無罪なのに犯罪の疑いをかけられている依頼者に対して、取調べ対応についての適切なアドバイスをし、また、捜査機関側が集めた証拠の緻密な検討、無罪を証明する証拠の積極的な収集などの弁護活動により、無実・無罪を証明するためベストを尽くします。

 

無実・無罪を証明するための弁護活動

取調べ対応についての適切なアドバイス

無実・無罪であるのに犯罪の疑いをかけられ、捜査機関の取調べを受けることとなった場合、動揺もあって、ある事情が自分にとって有利であるか不利であるか、それぞれの事情について捜査機関に話すべきか黙秘すべきかなどの判断を適切にすることは困難です。

そういった判断は、ただでさえ、捜査の進展状況、他の証拠との関係なども考慮した上での慎重な判断が必要です。

また、犯罪の疑いを持っている捜査機関に対して、根気よく無実・無罪を主張したり、黙秘を貫くということは、心理的な負担が大きいものです。

とりわけ、逮捕されて外部とのつながりを遮断された状態ともなると、精神的に追い詰められてしまい、やってもいないのに嘘の自白をしてしまう危険があります。

あいち刑事事件総合法律事務所―横浜支部は、取調べ対応の豊富な経験から、状況に応じて適切な取調べ対応のアドバイスをします。

また、逮捕されてしまった方であれば、弁護士が頻繁に接見で会いにいき、取調べ対応のアドバイスをしつつ、根気よく無実・無罪を主張したり、黙秘を貫くための精神的な支えとなります。

 

違法・不当な取調べを阻止して自白してしまうことを防ぐ

法律上はともかく、現実問題として、捜査機関は自白を重要視しがちです。

そのために、違法・不当な取調べをする取調官も中にはいます。

そのような取調べに屈してしまい、やってもいないのに自白をしてしまった場合、その自白を後の裁判で覆すことは困難を伴い、冤罪につながりやすくなります。

あいち刑事事件総合法律事務所―横浜支部は、違法・不当な取調べに対しては、抗議をして戦い、嘘の自白をとられないよう活動します。

 

既にしてしまった自白が嘘であったことを証明・主張する

もし嘘の自白をさせられてしまったら、すぐに弁護士に相談してください。

あいち刑事事件総合法律事務所―横浜支部は、その自白が違法・不当な取調べによってとられたものであることを粘り強く主張して、嘘の自白が裁判で証拠として採用されないように活動します。

 

捜査機関が集めた証拠を緻密に検討し、その信用性を揺るがす

捜査機関が、一見あなたが犯人であるかのような証拠を集めていたとしても、よくよく検討をすれば、証拠としての信用性がなかったり、裁判で有罪を立証するほどの力を持った証拠はないといった事情が見えてくることがあります。

あいち刑事事件総合法律事務所―横浜支部は、捜査機関が集めた証拠について、豊富な経験を生かした緻密な検討をして、その証拠の信用性・評価について争い、無実・無罪を主張します。

 

無実・無罪の証拠を集める

アリバイ証拠などがわかりやすいかとは思いますが、無実・無罪の証拠を集めることができれば、嫌疑不十分での不起訴や、無罪判決に近づきます。

もっとも、無実・無罪の証拠として有力な証拠を探すことは、難しい場合がほとんどです。

あいち刑事事件総合法律事務所―横浜支部は、刑事事件を専門として扱い培ってきたノウハウや、自由な発想により、有力な無実・無罪の証拠としてどのようなものがあるか検討し、それを集めるための活動をします。

無実・無罪を証明してほしい方、お悩みの方はいつでも弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所横浜支部にご相談ください。

刑事事件、少年事件を専門に取り扱う弁護士が、直接「無料相談」を行います。

被疑者が逮捕された事件の場合、最短当日に、弁護士が直接本人のところへ接見に行く「初回接見サービス」もご提供しています。

 

お問い合わせ・刑事弁護無料相談

ページの上部へ戻る