藤沢市の刑事事件 児童ポルノ禁止法(児童ポルノ所持)で逮捕 性犯罪事件なら弁護士

2018-03-26

藤沢市の刑事事件 児童ポルノ禁止法(児童ポルノ所持)で逮捕 性犯罪事件なら弁護士

神奈川藤沢市に住むAは、神奈川県藤沢北警察署の警察官により児童ポルノを所持していた疑いで、家宅捜索された後、逮捕されました。
藤沢北警察署から逮捕の連絡を受けたAは、今後について相談するため神奈川県藤沢北警察署刑事事件性犯罪事件も取り扱っている弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士に相談しました。
(事例はフィクションです。)

児童ポルノ所持
児童ポルノを所持した場合、「児童買春、児童ポルノに係る行為等の規制及び児童の保護等に関する法律」違反に問われます。
児童ポルノ禁止法では、児童ポルノについて、「衣服の全部又は一部を着けない18歳未満の男女児童の姿態であって、殊更に児童の性的な部位が露出され又は強調されているもの」であり、かつ「性欲を興奮させ又は刺激するもの」とされています。
自己の意思に基づいて児童ポルノを性的好奇心を満たす目的で単純所持していた場合の法定刑は「1年以下の懲役又は100万円以下の罰金」です。
また児童ポルノを提供目的、不特定の者に対して提供する目的等で所持していた場合ではさらに重い刑罰が定められています。

性犯罪事件に精通した弁護士
児童ポルノ禁止法違反児童ポルノ単純所持)等の性犯罪事件逮捕された場合、早期釈放やその後の処分を少しでも軽くするには、刑事事件専門の弁護士に弁護を依頼することをお勧めいたします。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、24時間365日初回の接見や無料法律相談の受付をしております。
性犯罪事件では、相手の方への謝罪や被害弁償、示談交渉の他、同様の前歴・前科がある場合等では専門のクリニックへ通院し治療を受ける等の再犯防止策も講じることは処分を軽くするため、またご自身にとっても重要となります。
弊所では性犯罪事件についても精通した弁護士がそろっておりますので、ご家族が児童ポルノ禁止法違反等の性犯罪事件で逮捕され、お悩みの方は弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所までお問合せ下さい。
神奈川県藤沢北警察署 初回接見費用3万7900円)

ページの上部へ戻る