示談で解決したい

示談の意味とメリット

示談とは、被害者に対して、被害の程度に見合った額の金銭を支払った上で、被害者との間で事件を解決するという内容の合意をすることです。

示談をすれば、被害が一定程度回復されたことを示すことができます。

さらに、交渉次第では、示談書の中に、被害者が加害者を許すという意思を表す文言(宥恕条項といいます。)を入れてもらうことができる場合もあります。

これにより、被害届の提出前の段階であれば、事件化を防ぐことができたり、起訴前の段階であれば、起訴を防ぐことができる場合があります。

また、起訴後の段階であっても、示談によって刑罰が軽くなったり、執行猶予がつきやすくなります。

さらに、民事上の損害賠償に関する争いを解決することにもつながります。

示談には、以上のようなメリットがあり、示談交渉は重要な弁護活動の1つといえます。

 

示談の方法

示談交渉は、加害者と被害者の当事者間で直接することもできますが、以下のような危険があるため、弁護士に依頼をした方が安全といえます。

弁護士を入れずに当事者間で示談交渉をしようとすると、被害者の加害者に対する怒りや恐怖から交渉がなかなかうまくいかないことが多々あります。

最悪の場合、被害者の怒りや恐怖をさらに高め、完全に交渉が決裂し、示談成立の道が閉ざされる危険もあります。

実際に起きたこととして、加害者が被害者の葬儀に参列した際、不用意な一言を発し、遺族の怒りをさらに高めてしまい、一般的には執行猶予がつくはずの事件が、つかずに実刑判決になったこともあります。

また、法律の専門家ではない当事者間では、一旦成立したかに見えた示談の内容に不備があり、当事者間での事件の解決という効力が生じず、後日紛争の蒸し返しが起こってしまう危険もあります。

以上のような危険を避け、安全・確実に示談を成立させるという観点から、示談交渉は弁護士に依頼するのがベターといえるでしょう。

 

示談金額の相場

適正な示談金額は、事件により様々です。

慰謝料が絡む性犯罪における示談金額の相場を例にあげると、痴漢・盗撮などの条例違反事件の場合は、10万~50万円ほどです。

また、強制わいせつ事件の場合は、50~100万円ほどです。

より悪質な性犯罪である強姦事件の場合は、100万~300万円ほどと言われています。

もっとも、以上はあくまで一般的な相場であって、強姦の中でも特に悪質な態様の事件であれば、500万円を超えることもありえます。

刑事事件に精通し、示談交渉の経験が豊富な弁護士であれば、被害者と加害者の両方が納得する条件での示談の成立を期待できます。

示談でお悩みの方は、いつでも弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所横浜支部にご相談ください。

刑事事件、少年事件を専門に取り扱う弁護士が、直接「無料相談」を行います。

被疑者が逮捕された事件の場合、最短当日に、弁護士が直接本人のところへ接見に行く「初回接見サービス」もご提供しています。

 

お問い合わせ・刑事弁護無料相談

ページの上部へ戻る