横浜市磯子区の近隣トラブル 刑事事件の加害者として逮捕されたら弁護士に相談 

2017-09-20

横浜市磯子区の近隣トラブル 刑事事件の加害者として逮捕されたら弁護士に相談

横浜市磯子区所在のアパートに住むAは、隣室に住んでいるBが、夜中に騒音を立てていることに腹を立て、神奈川県磯子警察署の警察官に騒音トラブルとして通報しました。
Bは、磯子警察署の警察官から注意を受けた際、一時的に騒音を止めたのですが、その後もドンドン壁を蹴りつけます。
頭にきたAは、B宅を訪れ、暴行を加えてしまったところ、通報を受けて駆けつけた神奈川県磯子警察署の警察官に、刑事事件加害者として逮捕されてしまいました。
(事例はフィクションです。)

【近隣トラブル刑事事件に発展?逮捕?】

「近隣トラブル」でよくある事例としては、騒音トラブル、ゴミの出し方問題、土地の境界線トラブル等があります。

近隣トラブルで注意が必要な点は、誰にでも起こりえるトラブルであり、また状況によっては、「刑事事件加害者」として訴えられる可能性があることです。

近隣トラブル刑事事件に発展した事例では、名誉棄損罪、暴行罪、傷害罪などの罪名で事件化となるケースが多い傾向にあります。

また、近隣トラブルが長年継続しているような状況ですと、殺人事件等、重大な刑事事件に発展してしまう恐れもあります。

その他、近隣トラブル刑事事件となった場合では、在宅捜査となるケースもありますが、状況によっては逮捕される可能性もあります。

刑事事件加害者になってしまったら弁護士に相談】

「近隣トラブルに巻き込まれ、相手の方が警察に被害届を出した」等、突然、刑事事件加害者になってしまった場合、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士にご相談することをお勧めします。
弊所は、刑事事件を専門としているので、刑事事件の流れや今後の具体的な対策等について、豊富知識・経験に基づいて、弁護士が適切なアドバイスをいたします。

近隣トラブル加害者となってしまった可能性があり、今後についてご不安な方は、まずは弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談下さい。

神奈川県磯子警察署 初回接見費用:3万6700円)

ページの上部へ戻る