神奈川県相模原市の通貨偽造・偽造通貨行使罪で逮捕 裁判員裁判対象事件も対応

2017-08-20

神奈川県相模原市の通貨偽造・偽造通貨行使罪で逮捕 裁判員裁判対象事件も対応

神奈川県相模原市緑区に住むAは、自宅のカラープリンターを利用して1万円札を大量に偽造し、その偽造通貨をデパートやコンビニで使用していたところ、神奈川県相模原北警察署の警察官に、通貨偽造・同行使罪逮捕されました。
逮捕知らせを受けたAの家族は、通貨偽造・同行使罪は大変罪が重く、裁判になった場合裁判員裁判対象事件になることが分かり、刑事事件専門の弁護士に今後の対応について相談しました。
(フィクションです。)

通貨偽造、偽造通貨行使罪は法定刑が重い】

通貨偽造、偽造通貨行使罪は、経済的秩序を害する犯罪であるため大変重い刑罰が定められており、法定刑は「無期又は3年以上の懲役」です。

通貨偽造罪は、行使の目的をもって通貨を偽造(または変造)する行為が対象であり、判例では行為者自身でなくても他人をして行使される目的であってもよいとされています。

偽造通貨行使罪で規制される行為は、偽(変)造通貨を真貨として流通に置く行為の他、行使の目的をもって交付若しくは輸入する行為も規制されています。

裁判員裁判対象事件とは】

通貨偽造・同行使罪は、起訴された場合、裁判員裁判対象事件となります。
裁判員裁判対象事件」とは、法定刑が「死刑、無期懲役、無期禁錮が定められている事件」、または「故意の犯罪行為で被害者を死亡させた事件」です。
裁判員裁判対象事件は、偽造通貨・同行使罪の他、殺人罪、強盗致死傷罪、身代金目的誘拐罪等一定の重大犯罪が対象となります。
このことからも偽造通貨・同行使罪は大変重い刑罰が定められていることがわかります。

裁判員裁判対象事件の弁護活動】

裁判員裁判対象事件では、法律の知識が少ない一般の方が参加するため、加害者側の主張を十分に理解してもらうためには通常の裁判よりも分かりやすく明瞭な裁判となるよう心掛けることが重要です。
また公判前整理手続きでは、被告人に有利な証拠を開示させ減刑や執行猶予付判決を目指すことが重要となります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、通貨偽造・同行使罪等の刑事事件専門の弁護士事務所ですので、裁判員裁判対象事件についても、適切な弁護活動を行います。

ご家族が、通貨偽造・同行使罪等で逮捕されて不安な方は、まずは弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所まで無料法律相談をお申込み下さい。
神奈川県相模原北警察署 初回接見費用:4万500円)

ページの上部へ戻る