横浜市の少年事件 シンナー吸引(毒物及び劇物取締法) 薬物事件に精通した弁護士 

2018-03-28

横浜市の少年事件 シンナー吸引(毒物及び劇物取締法) 薬物事件に精通した弁護士

神奈川県横浜市泉区に住む少年Aは、シンナー吸引の疑いで、神奈川県泉警察署の警察官に逮捕されました。
少年Aの家族は、シンナー吸引を止めさせたいと考え、毒物及び劇物取締法違反等の薬物事件に強い弁護士に相談しました。
(事例はフィクションです。)

シンナー吸引毒物及び劇物取締法違反~】
シンナーとは、塗料を薄めるために使用される有機溶剤で、その成分となるトルエンや接着剤等とともに吸引等が規制されており、違反すると「毒物及び劇物取締法違反違反に問われます。
シンナーを乱用すると、判断力の低下、無気力、幻想・妄想等の症状が現れるだけでなく、心臓や呼吸器系等にも障害が起こり、過度に吸引した場合は窒息死することもあります。

シンナー等の有機溶剤を摂取、吸入、これら目的で所持していた場合、法定刑は1年以下の懲役若しくは50万円以下の罰金又はこの併科です。

少年による薬物事件なら少年事件、刑事事件専門の弁護士にご相談を】
シンナー少年を中心に乱用されることが多いのですが、乱用すると上記のように精神的、身体的な影響があります。
少年シンナー等有機溶剤の吸引等で逮捕、または捜査を受けている場合、少年事件、刑事事件専門の弁護士にご相談することをお勧めします。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件、少年事件に特化した弁護士事務所です。
弊所では、少年薬物事件のついても経験が豊富な弁護士が揃っております。
犯罪の成立について争いたい場合、または罪を認めているので少しでも軽い処分にして欲しい、再犯防止策についても相談したい等、ご依頼者様の事案に応じてご相談をお受けしております。
弊所は神奈川県横浜市泉区少年事件についてもご相談をお受けしております。
少年シンナー吸引等の薬物事件でお困りの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所までお問合せ下さい。
神奈川県泉警察署 初回接見費用:3万6500円)

ページの上部へ戻る