横浜市の刑事事件 (MDMA)麻薬及び向精神薬取締法違反で逮捕 薬物事件なら弁護士

2018-03-23

横浜市の刑事事件 (MDMA)麻薬及び向精神薬取締法違反で逮捕 薬物事件なら弁護士

神奈川県横浜市に住むAは、MDMAを所持していた疑いで逮捕・起訴されました。
Aの家族は、違法薬物事件にも詳しい刑事事件専門の弁護士に相談しました。
(事例はフィクションです。)

麻薬及び向精神薬取締法~MDMA所持で逮捕

MDMAは、麻薬及び向精神薬取締法により所持・使用・製造・輸出入・譲渡・譲受等の行為が禁止されています。
麻薬及び向精神薬取締法では、MDMAの他、ヘロイン、コカイン、LSD等も規制しています。
MDMAは強い依存性があり、MDMAの使用を続けたことにより錯乱状態になる等様々な症状が現れることがあります。
違法薬物逮捕事案では、職務質問(自動車事故を起こした、路上で暴れていた)の他、錯乱状態となり自ら通報して発覚する等、様々なケースがあります。

違法薬物逮捕・起訴~刑事事件薬物事件に強い弁護士に相談】
MDMAの所持事案では、営利目的がない場合の法定刑は「7年以下の懲役」です。
営利目的がある場合では、「1年以上10年以下の懲役」となり、情状により300万円以下の罰金を併科されます。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は刑事事件を専門とした弁護士事務所です。
弊所では違法薬物事件について刑事弁護活動の経験が豊富な弁護士が揃っております。
ご家族がMDMA等の違法薬物事件逮捕、起訴されて今後についてご相談したい方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談下さい。
神奈川県警察本部 初回接見費用:3万5600円)

ページの上部へ戻る