秦野市の刑事事件~覚せい剤取締法違反(所持)で逮捕~薬物事件の裁判に強い弁護士

2018-02-09

秦野市の刑事事件~覚せい剤取締法違反(所持)で逮捕~薬物事件の裁判に強い弁護士

神奈川県秦野市に住むAは、ストレス発散のため、覚せい剤を使い続けていましたが、フラフラと路上を歩いていた際、神奈川県秦野警察署の警察官から職務質問を受け、所持品検査を求められました。
その際、Aのポケットに透明のパッケージ入った白色結晶が発見されたため、警察官はその場で予試験検査を行ったところ、陽性反応が出たため、Aは覚せい剤取締法違反(所持)現行犯逮捕されました。
その後、逮捕の連絡を受けたAの家族は、薬物事件裁判にも強いと評判の刑事事件専門の弁護士に相談しました。
(事例はフィクションです。)

覚せい剤取締法違反所持の事案について】
 覚せい剤取締法では、覚せい剤の『所持』を禁止し、違反した場合、法定刑(単純所持)は「10年以下の懲役」となります。
覚せい剤の単純所持(自己使用目的、非営利)では、初犯であれば執行猶予付きの有罪判決を受けるケースが多いです。
ですが再犯の場合、実刑判決を受けて刑務所に服役するリスクも高くなります。
また通常、覚せい剤取締法違反(所持)逮捕された場合、覚せい剤の使用も疑われますので任意採尿を求められたり、また拒否した場合であっても、状況によっては令状請求されて強制採尿となる可能性もあります。
鑑定の結果、覚せい剤成分が検出されたら、覚せい剤取締法違反(使用)で再逮捕、追起訴される事となります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は刑事事件を専門にしており、薬物事件についても経験豊富な弁護士が揃っております。  
神奈川県秦野市内の刑事事件薬物事件に強い弁護士をお探しの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士にご相談ください。
神奈川県秦野警察署 初回接見費用:4万1000円)

ページの上部へ戻る