横浜市の刑事事件~(違法薬物事件)覚せい剤罪取締法違反の刑事弁護に強い弁護士

2018-01-29

横浜市の刑事事件~(違法薬物事件)覚せい剤罪取締法違反の刑事弁護に強い弁護士
  

横浜市緑区に住むAの自宅に、神奈川県緑警察署の警察官が訪れ,覚せい剤取締法違反の疑いでAに捜索差押令状を呈示し、家宅捜索が実施され,その際Aは任意で採尿を求められました。
覚せい剤収されなかったのですが,Aは自身の薬物使用に不安になり,違法薬物事件の刑事弁護に強い弁護士に相談しました。
(事例はフィクションです)

覚せい剤取締法違反~採尿について】
警察では覚せい剤取締法違反の疑いがある事件では,覚せい剤の押収のため捜索差押令状の発付を受ける他,関係者に任意採尿を求めます。
その他,交通事故現場や職務質問等で支離滅裂な言動をしている場合等,違法薬物使用が疑われる場合に任意採尿を求めるケースもあります。
任意採尿は、あくまでも「任意」ですが,状況によっては捜査機関は裁判官に令状を請求し,強制採尿するケースもあり,この場合は拒否したとしても病院で採尿されることになります。

違法薬物事件刑事弁護活動】
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は,刑事事件に特化した法律事務所で,違法薬物事件刑事弁護の経験も豊富です。
弊所では,任意捜査、強制捜査についての違法性について捜査の適法性を精査し、不起訴処分、公判に向けた弁護活動をする他,罪を認めている場合では,再犯防止に向けた弁護活動等も行います。
覚せい剤取締法違反で任意採尿された等,今後の対応に不安な方は弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談下さい(0120-631-881)。
神奈川県緑警察署 初回接見費用:37,300円)

ページの上部へ戻る