(横浜市の刑事事件)覚せい剤取締法違反(所持)で逮捕~薬物事件にも強い弁護士

2017-11-17

(横浜市の刑事事件)覚せい剤取締法違反(所持)で逮捕~薬物事件にも強い弁護士

横浜市栄区に住むAは、以前購入した覚せい剤をポケットに入れて自転車に乗って帰宅途中、神奈川県栄警察署の警察官から職務質問を受けました。
Aはその場から逃走しようとしたところ、覚せい剤所持していたことが発覚し、陽性反応が出たことで覚せい剤取締法違反逮捕されてしまいました。
逮捕の連絡を受けたAの家族は、薬物事件は再犯率が高いと言われていることから不安になり、刑事事件薬物事件に強いと評判の弁護士に相談しました。
(事例はフィクションです。)

覚せい剤取締法違反逮捕される端緒とは】

覚せい剤取締法違反で検挙・逮捕されるケースは、職務質問や交通事故現場での不審な挙動等から所持品検査等によって発覚するケースもあります。
またいきなり逮捕されるのではなく、まずは覚せい剤取締法違反の疑いで自宅等の関係先を家宅捜索する等により、覚せい剤の所持が発覚し、その後逮捕されるといった事例もあります。

覚せい剤等の薬物事件は再犯率が高い・・】

覚せい剤等の薬物事件は、一度手を出してしまうと、逮捕されるまで何度も繰り返し使用してしまうことが多いと言われています。
覚せい剤は、何度も使用しているうちに、幻聴・幻覚を見てしまう等と体にも大きな影響が残ってしまいます。
ですから、覚せい剤等の薬物事件逮捕された場合、その後の処分を軽くするためだけでなく、再犯しないためにも刑事事件専門の弁護士に環境調整等について相談することは、ご本人にとっても重要となります。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件薬物事件の刑事弁護の経験が豊富な弁護士事務所です。
ご家族が覚せい剤取締法違反等の薬物事件逮捕され、再犯防止策等についてご相談したい方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談下さい。
神奈川県栄警察署 初回接見費用:3万7800円)

ページの上部へ戻る