中郡二宮町の刑事事件~大麻取締法違反~少年による違法薬物事件に精通した弁護士

2018-03-16

中郡二宮町の刑事事件~大麻取締法違反~少年による違法薬物事件に精通した弁護士

高校生による大麻所持事件~
商業施設の駐車場内において、乾燥大麻を所持していた男子高校生1人を大麻取締法違反(所持)で逮捕した。
高校生らによる大麻所持事件~
コンビニエンスストアに駐車した車内において、乾燥大麻を所持していた男子高校生ら少年4人を大麻取締法違反(所持)で逮捕した。
(事例は警察庁HP「平成28年における組織犯罪の情勢」掲載の検挙事例を基にしたフィクションです。)

大麻取締法違反は初犯者率が高い】
上記警察庁HP掲載資料によると、大麻事犯の主な特徴として、
・薬物事犯の検挙人員の2割弱を占めており、その割合は覚醒剤事犯に次いで多くなっている。
・初犯者率が依然として高水準にあり、特に20歳未満、20歳代及び30歳代の人口10万人当たりの検挙人員がそれぞれ増加しており、若年層を中心に乱用傾向が増大していること。
等が挙げられています。
大麻は覚せい剤やヘロイン等よりも手軽なイメージがあるかもしれませんが、大麻は他の違法薬物のように知覚機能や運動機能等に影響を及ぼすとされ、また覚せい剤等の違法薬物と同様依存性があるため、自分の意志ではなかなか止められず、警察で検挙・逮捕されるまで大麻使用を繰り返してしまったり、また再犯率も高いと言われています。

少年による違法薬物事件

大麻取締法違反の事実に争いがない場合、本人の反省や、環境調整等の再犯防止策を講じることは、その後の処分を軽くするためにも重要ですが、特に少年事件では少年自身の将来のためにも重要となります。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件専門の弁護士事務所で、違法薬物事件の刑事弁護の経験豊富な弁護士が揃っております。
弊所では神奈川県中郡二宮町刑事事件も取り扱っております。
少年大麻取締法違反等の違法薬物事件で逮捕されたら弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所までお問合せ下さい。
神奈川県大磯警察署 初回接見費用:4万400円)

ページの上部へ戻る