横浜市の刑事事件~業務上横領罪等の財産事件で被害届の提出阻止を目指す弁護士

2017-11-16

横浜市の刑事事件~業務上横領罪等の財産事件で被害届の提出阻止を目指す弁護士

Aは、横浜市都筑区所在の飲食店で店長として売上金の管理を任されていましたが、遊行費欲しさに、レジの売上金から横領を繰り返していたところ、会社に業務上横領の事実が発覚してしまいました。
Aは、会社から、横領金額は200万円、Aが全額返済しない場合は警察に被害届を出すと言われ不安になったAは、業務上横領罪等の財産事件被害届の提出阻止に強いと評判の弁護士に相談しました。

業務上横領罪等の財産事件被害の提出阻止を目指す】

業務上横領罪等の会社内の財産事件刑事事件では、被害者である会社側は、警察に被害届を提出する前に、社内で本人から事情を聴取するケースが多くあります。
ですが、被害弁償で揉めた、全額返済できない、横領金額が大きい、加害者が所在不明、等といったケースでは、捜査機関に被害届や告訴状の受理を求めて被害相談することが多くあります。
そのため、業務上横領罪の疑いを掛けられた場合、早期に財産事件刑事事件専門の弁護士に相談し、被害届が出されないようアドバイスを受けることが重要です。
また被害届が提出された後であっても、刑事事件専門の弁護士に弁護を依頼することで、会社側との示談が成立し、少しでも処分が軽くなる可能性も高まります。

横浜市都筑区財産事件刑事事件にも対応】
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、業務上横領罪等の財産事件刑事事件を専門とした弁護士事務所です。
弊所では、初回に限り無料で弁護士が法律相談いたしますので、業務上横領等財産事件の疑いをかけられた、被害届の提出を阻止したい等とお困りの方は、まずは弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談下さい。

神奈川県都築警察署 初回接見費用:3万6800円)

ページの上部へ戻る