【川崎市の刑事事件】ストーカー規制法違反で逮捕~示談交渉に強い弁護士

2018-01-01

【川崎市の刑事事件】ストーカー規制法違反で逮捕~示談交渉に強い弁護士

神奈川県に住むAは、以前交際しいていた川崎市幸区に住む女性の自宅や職場を何度もうろつく等のストーカー行為をしていたところ、神奈川県幸警察署の警察官に、ストーカー規制法違反ストーカー行為罪)で逮捕されました。
Aの家族は、被害女性に謝罪しようとしたのですが、捜査機関の方より、女性が連絡先等を教えたくない、等と接触を拒否していると聞き、刑事事件専門の弁護士に相談しました。
(事例はフィクションです。)

ストーカー規制法違反示談交渉に強い弁護士

改正ストーカー規制法では、「つきまとい等」の行為について、「住居等の付近をみだりにうろつく行為」、「拒まれたにもかかわらずSNS等を用いたメッセージ送信等、ブログ・SNS等の個人ページにコメント等を書き込む送る行為」等を規制しています。

ストーカー行為罪は、今回の改正に伴い非親告罪となりました。
そのため、被害者の方に被害届を取り下げていただいたとしても、情状次第では起訴される恐れがあります。
ですが、本人の反省の気持ち、転居等の再犯防止策、家族による監督誓約や、被害者の方との示談交渉の成立等を弁護士が主張することで、寛大な処分となる可能性も高まります。
しかし、ストーカー事件等、被害者の方と加害者側が面識のある場合、被害者の方やそのご家族が不安、恐怖、また憎悪の気持ち等から加害者側との交渉を拒否する場合もあります。
また例え弁護士であっても、被害者の方が弁護士の対応に不安を抱いてしまうと、示談交渉に応じないケースもあります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件を専門にした弁護士が揃っております。
弊所の弁護士は、ストーカー規制法違反等の男女トラブルによる刑事事件示談交渉にも精通しております。

ご家族がストーカー行為罪等で逮捕され、お悩みの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所までお問合せ下さい。
神奈川県幸警察署 初回接見費用:3万6700円)

ページの上部へ戻る