鎌倉市の刑事事件~リベンジポルノで逮捕~私事性的画像被害防止法違反なら弁護士

2018-01-02

鎌倉市の刑事事件~リベンジポルノで逮捕~私事性的画像被害防止法違反なら弁護士

神奈川県鎌倉市に住むAは、嫌がらせのため、元配偶者の裸の写真等を本人の同意なくインターネット上に多数公表したことにより、神奈川県鎌倉警察署の警察官に私事性的画像被害防止法違反の疑いで逮捕されました。
(事例はフィクションです。)

リベンジポルノ逮捕私事性的画像被害防止法違反

男女トラブルは思わぬ刑事事件に発展してしまう可能性があります。
前回のコラムで記載したストーカー規制法違反等の他、傷害罪、殺人事件等にも発展してしまう恐れがあります。
また近年、元交際相手や元配偶者の裸等の性的画像を、ご本人の同意がないのに勝手にインターネットに公表する行為が問題となり、平成26年11月27日に、リベンジポルノを規制する私事性的画像被害防止法が施行されました。
公表罪では、撮影対象者が特定できる方法で、私事性的画像記録を不特定・若しくは多数の者に提供等した場合「3年以下の懲役又は50万円以下の罰金」が科せられます。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、男女トラブルによる刑事事件についても弁護活動の経験が豊富です。
リベンジポルノ行為に身に覚えがない場合や、またリベンジポルノに身に覚えがあり、捜査機関から家宅捜索、取り調べを受けた等、捜査機関への今後の対応についてご相談したい方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までまずはお問合せ下さい。
神奈川県鎌倉警察署 初回接見費用3万7700円)

ページの上部へ戻る