【駅・電車内トラブルで現行犯逮捕】横浜市の少年による性犯罪事件専門の弁護士

2017-10-27

【駅・電車内トラブルで現行犯逮捕】横浜市の少年による性犯罪事件専門の弁護士

横浜市に住む少年Aは、通学途中の横浜駅構内で盗撮行為をしたとして、神奈川県鉄道警察隊の警察官に現行犯逮捕され、戸部警察署の警察官に引き渡されました。
現行犯逮捕の連絡を受けた少年Aの親は、今後の対応について心配になり、少年・性犯罪事件専門の弁護士に相談しました。
(事例はフィクションです。)

駅・電車内トラブル現行犯逮捕

駅・電車内トラブルで刑事事件に発展する事例としては、暴行、傷害事件の他、痴漢や盗撮等の性犯罪事件があります。
駅・電車内トラブルで刑事事件・性犯罪事件を起こした場合、後日通常逮捕されるケースもありますが、目撃者や駅員等により現行犯逮捕されるケースも多くあります。

また、駅・電車内のトラブル対策として、鉄道警察隊の警察官が警戒しています。
性犯罪事件のうち、特に盗撮事件では、警戒中の警察官により、その場で犯行を現認され、現行犯逮捕される事例も多くあるようです。

少年性犯罪事件現行犯逮捕されたら】
盗撮等の性犯罪事件は、少年であっても、現行犯逮捕されるケースがあります。
盗撮で現行犯逮捕された場合、犯行に使われた携帯電話は、逮捕の現場での差し押さえ、若しくは任意提出を求められます。
その後、画像等を精査し、本件犯行だけでなく、余罪事件の有無についても捜査されます。
取り調べは、専門の取り調べ官が担当しますので、明らかな証拠があるのに嘘をついた等の場合、その後の身柄の釈放や処分にも影響する可能性があります。

そのため、少年性犯罪事件現行犯逮捕された場合、早期に少年事件専門の弁護士に弁護を依頼することをお勧めします。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、少年による性犯罪事件についても経験が豊富です。
少年が電車内トラブル性犯罪事件現行犯逮捕され、ご不安な方は、まずは弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所までご連絡下さい。

神奈川県戸部警察署 初回接見費用:3万4400円)

ページの上部へ戻る