【神奈川県中郡の刑事事件】コンビニ強盗事件で逮捕~少年事件に精通した弁護士

2017-12-31

【神奈川県中郡の刑事事件】コンビニ強盗事件で逮捕~少年事件に精通した弁護士

神奈川県に住む少年Aは、不良グループの先輩と一緒に、小遣い稼ぎのためコンビニ強盗を繰り返してしまいました。
その後、神奈川県大磯警察署の警察官に強盗罪逮捕されました。
逮捕の連絡を受けた少年の保護者は、少年事件刑事事件に強い弁護士に相談しました。
(事例はフィクションです。)

強盗罪の傾向】
強盗罪態様によって、金融機関強盗、住宅強盗、コンビニ強盗、路上強盗等の手口に分類されます。
強盗罪の検挙率は80.5%と高い数字となっていますが、これは強盗罪は重要犯罪に区分され、捜査も重点的に行われる傾向にあることも検挙率が高い理由の一つと言えるでしょう。
コンビニ強盗の検挙率は78.1%、検挙件数は300件ですので、コンビニ強盗についても検挙率は比較的高い傾向にあります。)

コンビニ強盗を含む強盗罪の被疑者年齢層は、検挙人員総数1984人中、14歳から19歳までの少年については340件と高い数字となっています。

少年事件なら刑事事件専門の弁護士
強盗罪の法定刑は、5年以上の有期懲役ですので、とても重い罪です。
少年強盗罪逮捕され、身に覚えのない場合、少年事件刑事事件専門の弁護士に弁護を依頼することが重要です。
また身に覚えがある場合についても、弁護士が早期に少年と面会し、環境調整等少年にとって必要な弁護活動をすることが重要となります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、少年事件刑事事件専門の弁護士事務所です。
神奈川県中郡少年事件刑事事件逮捕され、お困りの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所までお問合せ下さい。
神奈川県大磯警察署 初回接見費用:4万400円)

ページの上部へ戻る