神奈川県相模原市緑区で不法投棄―土日にも無料相談できる弁護士

2018-10-10

神奈川県相模原市緑区で不法投棄―土日に無料相談できる弁護士

【ケース】

神奈川県相模原市緑区に住むA(40代女性・会社員)は、とあるアーティストの熱狂的なファンです。
Aは、大好きなアーティストを応援するべく、CDが発売される度に数百枚のCDを購入していました。
しかしAは溜まったCDの置場に困り、結局自宅近くの山に不法投棄しました。
近隣住民から、大量にCDが捨てられているとの情報を受けた相模原緑区管轄の相模原北警察署の警察官は、目撃証言や監視カメラの映像からAを割り出し、不法投棄での取調べを行う事にしました。
Aは、取調べ前に弁護士無料法律相談を受けたいのですが、会社員で平日は終日勤務しているため、土日に無料法律相談できる弁護士を探しています。
(フィクションです。)

【不法投棄について】

ごみは、法的には「廃棄物」と称されます。
廃棄物は、大別すると「一般廃棄物」と「産業廃棄物」の2種類に区分されます。

このうち、Aのように一般家庭から出る廃棄物は一般廃棄物にあたります。
一般廃棄物は主として市町村レベルの自治体が処理をしますので、一般廃棄物を処理する場合は、自治体の指示に従わなければなりません。
この指示に従わず、収集場所とは異なる場所に廃棄物を置いた場合や、指定の袋に入れずに回収場所に置いた場合などは、不法投棄にあたる可能性があります。

一般廃棄物を不法投棄した場合、「五年以下の懲役若しくは千万円以下の罰金に処し、又はこれを併科」(廃棄物の処理及び清掃に関する法律16条)される可能性がありますので、注意が必要です。

【土日にも無料相談をする弁護士】

何気ない不法投棄等により、突然警察官からの呼び出しを受けたら、不安に思う方も居られるのではないでしょうか。
しかし、弁護士に相談したいけど土日しか休みが取れない、という方も居られるでしょう。

刑事事件少年事件を専門とする弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、24時間365日、無料法律相談のご予約を承っており、土日祝日に無料法律相談をご利用いただくことも可能です。

神奈川県相模原市緑区にて、不法投棄取調べを受ける予定の方で、土日祝日に無料法律相談を希望される方は弊所までご連絡ください。
(相模原北警察署までの初回接見費用―35,900円)

ページの上部へ戻る