神奈川県三浦市の違法薬物事件(MDMA)で逮捕 保釈なら刑事事件専門の弁護士に相談

2017-08-14

神奈川県三浦市の違法薬物事件(MDMA)で逮捕 保釈なら刑事事件専門の弁護士に相談

神奈川県三浦市に住むAは、夜間自転車に乗っていたところ、神奈川県三崎警察署の警察官から職務質問を受けました。
Aは以前からMDMAを使用しており、この日も鞄にMDMAを入れていたことが所持品検査により発覚し、麻薬及び向精神薬取締法違反逮捕・起訴されました。
Aの家族は、Aが保釈されるにはどうしたらよいか、薬物事件・刑事事件を専門に扱う刑事事件専門の弁護士に無料法律相談を申し込みました。
(フィクションです。)

MDMAについて】

MDMAは、麻薬及び向精神薬取締法で規制されています。
MDMAの所持と使用について、法定刑は7年以下の懲役刑が定められています。

麻薬及び向精神薬取締法に該当する薬物は、MDMAの他、ヘロイン・モルヒネ・コカイン・LSDなどがあります。
MDMAは、覚せい剤やその他の違法薬物と同様、依存症がありまた幻覚作用をもたらすため、安易な気持ちで使用することは止めましょう。

 

違法薬物事件逮捕され保釈を目指す】

刑事事件逮捕、勾留された被疑者が、起訴された場合も基本的には身体拘束の状態が継続します。
そのため身柄を解放するためには、裁判所に対して保釈を請求をします。
保釈が認められた場合、一定金額の保釈金を納付すると、身柄を解放してもらうことができます。
保釈金は、被告人が証拠隠滅をせず、また裁判所の出頭要請に素直に応じる等していれば、裁判終了後に、全額返ってきます。

違法薬物事件での保釈請求なら、刑事事件専門の弁護士に依頼することをお勧めします。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、薬物事件等の刑事事件専門の弁護士事務所です。

違法薬物事件では、証拠隠滅・逃亡のおそれがないことを示す事情や、身元引受人の監督を主張する等の弁護活動を早期に行うことが重要です。
弊所では、刑事事件専門の弁護士による迅速・適切な弁護活動の結果、多くの薬物事件で保釈が認められております。

ご家族が、違法薬物事件逮捕・起訴され、保釈を求める方はまずは弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所まで無料法律相談をお申込み下さい。
神奈川県三崎警察署 初回接見費用:4万円1300円)

ページの上部へ戻る