神奈川県横浜市中区の刑事事件 不法就労助長罪で逮捕されたら弁護士に無料法律相談を

2017-08-13

神奈川県横浜市中区の刑事事件 不法就労助長罪で逮捕されたら弁護士に無料法律相談を

神奈川県横浜市中区で飲食店を営むAは、不法滞在の外国人の方数名を雇って働かせていたところ、神奈川県山手警察署の警察官に出入国管理及び難民認定法違反(不法就労助長罪)の疑いで逮捕されてしまいました。
(フィクションです。)

不法就労助長罪とは】

不法就労助長罪は、出入国管理及び難民認定法に定められており、法定刑は3年以下の懲役又は300万円以下の罰金とされています。

不法就労助長罪の処罰対象は、「不法就労」の外国人を雇って働かせている「雇用主」や「斡旋者」です。

不法就労」となる場合は、
①不法入国、不法残留の方が働く場合
②資格外活動(入国管理局から許可を受けずに就労、又は許可を受けた範囲外で就労しているケース)の方が働く場合
です。

不法就労助長罪における雇用主の注意点】

不法就労助長罪では、外国人の方を雇用する際に在留カードを確認をせずに雇用した等の過失があった場合でも処罰される恐れがあります。

不法就労助長罪で処罰対象となる事業主は、外国人の方の場合も当てはまります。
その場合、処分の結果によっては国外退去となる恐れもあります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件専門の弁護士事務所ですので、不法就労助長罪等の出入国管理及び難民認定法違反事件にも精通しています。
外国人の方が刑事事件の被疑者となり逮捕されたケースでも、通訳人とともに接見を行う等言語や文化の違いに留意し、適切な弁護活動を行います。

ご家族が不法就労助長罪等の刑事事件逮捕されたら、まずは弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所まで無料法律相談をお申込み下さい。
神奈川県山手警察署 初回接見費用:3万6400円)

ページの上部へ戻る