秦野市の刑事事件で逮捕~男女トラブルで監禁罪~暴力事件の示談交渉に強い弁護士

2017-12-04

秦野市の刑事事件で逮捕~男女トラブルで監禁罪~暴力事件の示談交渉に強い弁護士

神奈川県に住むAは、交際中の女性から別れ話を告げられたことに納得がいかず、女性を呼び出し、無理やり車に乗せてしまいました。
その際、女性が叫び声をあげたので目撃者が警察に通報し、Aは神奈川県秦野市内の高速道路を通行中、サービスエリアに寄ったところで、管轄の神奈川県秦野警察署の警察官に、監禁罪逮捕されました。
Aの家族は、神奈川県秦野市刑事事件にも対応している弁護士に相談しました。
(事例はフィクションです。)

監禁罪逮捕されるケース】

刑法第220条に定められている監禁罪とは、人が行動する自由を一定の区域、場所に閉じ込め、脱出を不可能にすることです。
監禁罪逮捕事例としては、事例のような男女トラブルの他、金銭トラブル、性犯罪目的等で自宅に監禁する等して逮捕されるケースがあります。
監禁罪では、暴行、傷害罪等、他罪の刑事事件も絡んでトラブルとなるケースも多く、動機や原因、態様によっては別罪で再逮捕される可能性もあります。

監禁罪の弁護活動】

監禁罪の事実に争いがない場合では、被害者の方に対して、謝罪して宥恕を得ることがその後の処分を左右します。
事例のようにお互い顔見知りの事件で、そのご家族等当事者間で謝罪や示談交渉も行うことができますが、監禁罪のような暴力事件では、被害感情を悪化させてしまったり、交渉が決裂してしまうケースもあります。
ですから、監禁罪等の男女トラブル刑事事件となった場合、刑事事件専門の弁護士に依頼することをお勧めします。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は刑事事件専門の弁護士事務所です。
ご家族が監禁罪等で逮捕され、被害者の方への謝罪や示談交渉をお考えの方は、まずは弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士に初回接見をお申込み下さい。
神奈川県秦野警察署 初回接見費用:4万1000円)

ページの上部へ戻る