川崎市中原区の刑事事件~商標法違反で家宅捜索後に逮捕?経済事件に強い弁護士

2017-12-03

川崎市中原区の刑事事件~商標法違反で家宅捜索後に逮捕?経済事件に強い弁護士

Aは、川崎市中原区で偽ブランド品をインターネットを利用し販売した疑いで、神奈川県中原警察署の警察官に商標法違反の疑いで自宅と店を家宅捜索されました。
その後、Aは中原警察署から呼び出しがあり、出頭したら逮捕されるのではないかと不安になり、川崎市中原区刑事事件にも対応している、経済事件に強い弁護士に相談しました。
(事例はフィクションです。)

商標法違反の捜査】

偽ブランド品を輸入・販売、また販売のために所持していた場合、商標法違反が問われます。
商標法違反の捜査では、自宅や関連先を家宅捜索し、証拠品を押収し、仕入先や仕出地、入手方法についても捜査が進められます。
商標法違反の販売実態として、露店販売だけでなく、近年はインターネットを利用した販売も多いことからも、サイバー捜査も進められています。
商法法違反捜査により判明した輸入元は、韓国に次いで中国が多く、入手方法は国際郵便が多数を占めていることから、警察庁では、両国の捜査機関と情報交換を行うなどして連携強化を図っています。

商標法違反逮捕?】
商標法違反では、家宅捜索により在宅のまま捜査が進むケースもありますが、その態様等によっては逮捕される可能性もあります。
警察庁のHPの資料では、平成28年に商標法違反で検挙された人員は381人で、そのうち逮捕された人員は184人にも及びます。

商標法違反家宅捜索をされたら弁護士に相談】
商標法違反では、家宅捜索された後、逮捕とはならず、在宅捜査まま捜査がすすむケースもあります。
ですが、その後の捜査によっては、逮捕される可能性もあります。
そのため、商標法違反の疑いがかけられたら、経済事件にも詳しい弁護士に取り調べ対応等についてご相談することをお勧めします。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件を専門に扱っており、経済事件の弁護活動にも精通しています。
弊所では、川崎市中原区刑事事件にも対応しておりますので、まずは弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談下さい。
神奈川県中原警察署 初回接見費用3万6600円)

ページの上部へ戻る