横浜市の刑事事件~ひき逃げで自首を検討なら~交通事故の刑事弁護に強い弁護士

2018-01-21

横浜市の刑事事件~ひき逃げで自首を検討なら~交通事故の刑事弁護に強い弁護士

Aは、神奈川県横浜市磯子区内を乗用車で走行中、右折の際、横断中の歩行者と接触し、慌ててその場から逃走してしまいました。
しかしすぐに不安になり、交通事故刑事弁護にも強いと評判の刑事事件専門の弁護士自首すべきか相談しました。
(事例はフィクションです。)

【「ひき逃げ」の刑事責任とは?】

人身交通事故を起こした際に、相手の方の救護や危険防止措置をせずに事故現場から離れてしまうと「ひき逃げ」行為に当たります。
ひき逃げの法定刑は、道路交通法で「10年以下の懲役または100万円以下の罰金」と定められています。
またひき逃げの場合、多くは自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致死傷罪)も問われることとなります。

ひき逃げをしてしまい、相手の方が重傷、又はお亡くなりになった場合は、逮捕、勾留され、また実刑判決となる可能性も高くなります。
相手の方のためにも、またご自身のためにも、人身交通事故を起こした場合は適切な措置を行うことが大切ですが、ひき逃げをしてしまった場合は、交通事故刑事弁護にも詳しい弁護士に相談しましょう。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は交通事故刑事弁護活動にも精通しています。
自首をご検討の場合は、自首をするメリット、デメリットの他、そもそも自首に該当するのか等、豊富な知識と経験から様々なアドバイスをいたします。
交通事故を起こし、ひき逃げをしてしまった、等と今後についてアドバイスが欲しい方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談下さい。
神奈川県磯子警察署 初回接見費用3万6700円)

ページの上部へ戻る