南足柄市の刑事事件~特殊開錠用具所持で逮捕~余罪多数事件の刑事弁護も強い弁護士

2018-01-20

南足柄市の刑事事件~特殊開錠用具所持で逮捕~余罪多数事件の刑事弁護も強い弁護士

Aは、神奈川県内で空き巣を繰り返していました。
この日も空き巣をするため、神奈川県松田市内の住宅街を見て歩いていたところ、手配中のAに気が付いた神奈川県松田警察署の警察官に職務質問・所持品検査を求めらました。
Aはそこでピッキング用具を隠し持っていたことが発覚し、特殊開錠用具の所持の禁止等に関する法律違反逮捕されました。
Aから、窃盗罪の余罪が100件以上もあると聞いた家族が不安になり、刑事事件専門の弁護士に相談しました。
(事例はフィクションです。)

特殊開錠用具の所持の禁止等に関する法律とは】

特殊開錠用具の所持の禁止等に関する法律では、
・「ピッキング用具」、「サムターン回し」等の特殊開錠用具を隠匿携帯する行為、保管等の行為を含む「所持」行為
・「ドライバーやバール等の指定侵入工具」を隠匿携帯する行為
を規制しています。
特殊開錠用具の所持の禁止等に関する法律は、侵入窃盗犯罪を未然に防ぐために制定されています。
そのため、職務質問等で発覚した際、明らかに窃盗等の侵入目的で所持していたと思われる場合は、逮捕後の捜査で窃盗の余罪事件が発覚することもあります。

侵入窃盗事件は、犯行を繰り返す傾向にありますので、一度捜査機関に犯行が発覚すると、かなりの数の余罪事件が発覚する可能性もあります。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件に特化しておりますので、余罪多数刑事弁護活動についても精通しています。
特殊開錠用具の所持の禁止等に関する法律違反等の刑事事件でご家族が逮捕された方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所までご相談下さい。
神奈川県松田警察署 初回接見費用:4万1400円)

ページの上部へ戻る