神奈川県横浜市戸塚区の交通事件 自動車の人身事故で刑事上の責任を弁護士に相談

2018-06-01

神奈川県横浜市戸塚区の交通事件 自動車の人身事故で刑事上の責任を弁護士に相談

【ケース】
神奈川県横浜市戸塚区に住む会社員Aは、通勤に自動車を使っています。
ある日、帰宅のために横浜市戸塚区を自動車で走行中、ついわき見をしてしまい、前方で信号停車していた車両に追突する人身事故を起こしてしまいました。
被害を受けた自動車の運転手Vはこの人身事故によりいわゆるムチ打ちになってしまい、完治まで3カ月を要しました。

Aは以前にも人身事故を起こしていたため、今度は実刑判決を受ける可能性があるかもしれないと不安になりました。
そこで、交通事故での刑事弁護の経験が豊富な弁護士に相談しました。
(フィクションです。)

人身事故における責任】
人身事故とは、交通事故において被害者が怪我や後遺障害を負った場合、死亡した場合などを指します。
なお、事故によって人に傷害を与えなかった場合は物損事故と呼ばれます。

人身事故を起こした場合、刑事上・民事上・行政上の責任を、それぞれ負うこととなります。

人身事故での民事上の責任では、人身事故の被害者に対する損害賠償などが考えられます。
Aが保険に加入していた場合、保険会社を通じて賠償がなされるなどして終結し、民事裁判にならない可能性もあります。

人身事故での行政上の責任とは、いわゆる反則点数などの処分を指します。
物損事故では基本的に0点ですが、人身事故の場合は事故の態様によっては免許停止・取消になる可能性もあります。

人身事故での刑事上の責任では、いわゆる懲役刑や罰金刑といった、刑事裁判などで科される法的責任です。
刑事上の責任については以下で説明します。

人身事故に関する刑事責任】
運転中の過失により人身事故を起こした場合、被害結果が怪我であれば過失運転致傷罪(自動車運転処罰法5条)、死亡であれば過失運転致死罪(同条)になります。
法定刑は七年以下の懲役若しくは禁錮又は百万円以下の罰金です。

また、飲酒や薬物摂取しての運転、危険な速度での運転など、悪質な運転の場合には危険運転致死傷罪(同2条以下)が成立する可能性がありますし、加害者が故意に行った人身事故であれば殺人罪(刑法199条)や傷害罪(刑法204条)が成立する可能性もあります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件専門の弁護士事務所です。
過失による人身事故であっても、場合によっては懲役刑など刑務所にて服役する可能性もあるため、弁護士に依頼して保険の賠償を超えた示談交渉や過失についての主張などを丁寧に行うことが重要になります。

神奈川県横浜市戸塚区で自動車での人身事故を起こし、刑事裁判に発展する可能性がある方がおられましたら、弊所までご相談下さい。

戸塚警察署までの初回接見費用―37,300円)

ページの上部へ戻る