足柄上郡の刑事事件~過失運転致死罪で逮捕 交通死亡事故の刑事弁護に強い弁護士

2018-02-13

足柄上郡の刑事事件~過失運転致死罪で逮捕 交通死亡事故の刑事弁護に強い弁護士

神奈川県に住むAは、足柄上郡を自動車で走行中、右折の際に対向車線を猛スピードで直進してきたバイクと衝突してしまいました。
Aは直ぐに救急車の手配、警察への通報等を行ないましたが、バイクに乗車していた男性が搬送中に亡くなり、Aは神奈川県松田警察署の警察官に過失運転致死罪逮捕されました。
Aが逮捕された事を知った家族は今後の対応について、交通死亡事故刑事弁護も強い弁護士に相談しました。
(この事例はフィクションです。)

過失運転致死罪刑事弁護活動
過失運転致死傷罪の法定刑は、7年以下の懲役若しくは禁錮又は100万円以下の罰金です。

自動車交通事故では、逃走していない場合であっても相手の方が死亡した場合逮捕るケースが多い傾向にあります。
ですが交通死亡事故では、事例のAのように逃走せず通報等も行っているような場合では、弁護士が捜査機関や裁判所に意見書、身元引受等の監督誓約がしっかりしていること等を適切に主張することで早期に釈放される可能性も高まります。
交通死亡事故では、公判請求により正式裁判が行われることが多い傾向にあり、初犯でも執行猶予がつかずに実刑判決となる可能性が生じます。
そのため交通死亡事故でご家族が逮捕されましたら、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所にご相談下さい。

弊所の弁護士は、交通事故の刑事弁護にも精通しており、被害者遺族への被害弁償、示談交渉の成立によって正式裁判の回避を目指した弁護活動等を行います。
ご家族が過失運転致死罪逮捕されましたら、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談下さい。
神奈川県松田警察署 初回接見費用4万1400円)

ページの上部へ戻る