【横浜市南区の刑事事件】公務執行妨害罪で逮捕 暴力事件の身柄解放に強い弁護士

2018-02-24

【横浜市南区の刑事事件】公務執行妨害罪で逮捕 暴力事件の身柄解放に強い弁護士

横浜市南区に住むAは自転車で帰宅途中,無灯火だったこと等から神奈川県南警察署の警察官から職務質問を受けました。
Aは警察官の態度に腹を立て,警察官から制止されてたにも関わらずパトカーを何度も足で蹴り飛ばし,隙を見て逃走しようとしたところ,公務執行妨害罪の被疑者として現行犯逮捕されました。
(この事例はフィクションです。)

公務執行妨害罪
公務執行妨害罪は,刑法第95条に定められ,「公務員が職務を執行するに当たり、これに対して暴行又は脅迫を加える行為」を言い,法定刑は「3年以下の懲役若しくは禁錮又は50万円以下の罰金」です。
事例のケースは直接的に警察官に暴行を加えてはおりませんが,公務執行妨害罪における「暴行」の定義については,「暴行罪」よりも広い意味に解されおり,事例のような間接的な行為も含まれているため,公務執行妨害罪が成立することとなります。

暴力事件身柄解放を求めるなら弁護士に相談】
公務執行妨害罪は公務を保護法益とするため,基本的には示談交渉には応じません。
ですから公務執行妨害罪逮捕され,事実に間違いがないと認めている場合は,罪を認め反省していること,証拠隠滅や逃亡の恐れがないこと等を具体的に主張することが早期身柄の解放を求めるにあたり重要となります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は刑事事件専門の弁護士事務所で,これまでにも数多くの暴力事件の早期身柄解放の実績があります。

ご家族が公務執行妨害罪等の暴力事件逮捕され,早期身柄の釈放を求めている方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士にご相談ください。
神奈川県南警察署 初回接見費用:3万5600円)

ページの上部へ戻る