横須賀市の刑事事件~(置き石)電汽車往来危険罪で逮捕~少年事件に強い弁護士

2018-03-14

横須賀市の刑事事件~(置き石)電汽車往来危険罪で逮捕~少年事件に強い弁護士

少年Aは、神奈川県横須賀市内の複数の線路に石を置く行為を繰り返していたところ、電汽車往来危険罪の疑いで逮捕されました。
逮捕の知らせを受けた少年の保護者は、神奈川県横須賀市刑事事件も取り扱っている刑事事件少年事件専門の弁護士に相談しました。
(事例はフィクションです。)

電汽車気往来危険罪逮捕

線路上に置き石や自転車を放置する等の行為は、刑法第125条第1項電汽車往来危険罪に問われることとなります。
電汽車往来危険罪に該当する行為は、多くの乗客の生命にかかわる大変危険な行為のため重い刑罰が定められており、法定刑は2年以上の有期懲役です。
電汽車往来危険罪に該当する行為として
・鉄道の損壊
・鉄道標識の損壊
・その他の方法(置き石等)
があります。
結果として実害が生じることまでは必要なく、これらの行為により電車の往来の危険を生じさせることを要します。

少年逮捕されたら・・少年事件専門の弁護士にご相談を】

事例のような置き石事件では、連続して発生した場合等、態様によっては逮捕される可能性もあります。
少年逮捕され事実に間違いがない場合、更生のためにも少年事件に精通した弁護士にご相談することをお勧めします。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件少年事件に特化した弁護士事務所です。
弊所では、神奈川県横須賀市神奈川県浦賀警察署管内の少年事件にも対応しております。
少年電汽車往来危険罪等で逮捕され、今後の対応についてご相談したい方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談下さい。
神奈川県浦賀警察署 初回接見費用:3万9400円)

ページの上部へ戻る