【早期身柄解放を目指す弁護士】相模原市の家庭内暴力事件で逮捕されたら相談を 

2017-10-24

【早期身柄解放を目指す弁護士】相模原市の家庭内暴力事件で逮捕されたら相談を

神奈川県相模原市緑区に住むA男は、普段から妻との夫婦喧嘩が絶えませんでした。
ある日、酔った勢いもあり、妻に手を出してしまい、悲鳴を聞いた近所の方が通報し、自宅にきた神奈川県相模原北警察署の警察官に傷害罪で逮捕されました。
(事例はフィクションです。)

家庭内暴力と刑事事件】

家庭内トラブルは、閉鎖された空間で行われるため、他人には知られにくく、また相談しずらいこともあり、ふとしたことがきっかけで、暴力事件に発展する恐れがあります。
家庭内暴力で刑事事件となった場合、暴行、傷害罪の他、殺人事件等の重大事件に発展してしまう恐れもあります。

当事者同士が被害届を出す意思がなくても、家庭内暴力事件を警察官が認知した場合、今後、殺人事件等に発展する恐れもあることから、被害届の提出を勧めます。また状況によっては、被害届の提出がなくても、被害状況等から逮捕される恐れもあります。

早期身柄解放の目指す弁護士

家庭内暴力事件逮捕され、勾留決定がなされた場合でも、弁護士に弁護活動を依頼するこで、早期に身柄が解放される可能性が高まります。

身柄解放を求める弁護活動としては、勾留決定に対する準抗告、勾留決定の取消し請求の他、勾留理由の開示請求等があります。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件専門の弁護士事務所です。
弊所の弁護士は、家庭内暴力事件逮捕された場合でも、事件の態様等、様々な状況に応じて、適切な身柄解放活動早期に行います。
また家庭内暴力事件では、早期身柄解放を求めることだけでなく、今後も再犯しないよう、親族を交えた話し合い等も必要ではないでしょうか。
弊所の弁護士は、このような再犯防止に向けた環境調整にも豊富な経験があります。

ご家族が家庭内暴力事件逮捕された、等とお困りの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までまずはご相談下さい。

神奈川県相模原北警察署 初回接見費用:4万500円)

ページの上部へ戻る