【ヤミ金で窃盗罪?】横浜市神奈川区の刑事事件・特別法犯で逮捕なら弁護士へ

2017-09-21

【ヤミ金で窃盗罪?】横浜市神奈川区の刑事事件・特別法犯で逮捕なら弁護士へ

Aは、横浜市神奈川区所在のビルの一室を本拠地として活動しているヤミ金グループの一員として、ATMから現金を引き出す行為を繰り返していたところ、神奈川県神奈川警察署の警察官に「窃盗罪」の疑いで逮捕されました。
(事例はフィクションです。)

ヤミ金事件で窃盗罪?】

ヤミ金事件のニュース等で耳にする逮捕罪名としては、「貸金業法違反」、「出資法違反」等の特別法犯が多いのではないでしょうか?

実は、ヤミ金事件では、上記特別法犯の他、「窃盗罪」の被疑者として逮捕されるケースもあります。
どのような場合かと言いますと、他人名義の口座のキャッシュカードを利用して、ATMから現金を引き出す、いわゆる「現金引き出し行為」が窃盗罪に該当するとされています。
窃盗罪となる理由として、「現金の占有者である銀行の意思に反して、現金を引き出す行為であるため」と解されています。

その他、ヤミ金事件に係わった方は、上記窃盗罪の他、「組織犯罪処罰法違反」、「犯罪収益移転防止法」等の特別法犯の被疑者として逮捕されることもあります。

刑事事件特別法犯逮捕されたら弁護士に相談を】

ヤミ金事件等の組織犯罪事件では、前述のように、貸金業法違反、組織犯罪処罰法違反等の特別法犯の他、窃盗罪逮捕、起訴されるケースもあります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件特別法犯に特化した弁護士事務所です。
弊所では、様々な刑事事件特別法犯の事件についても、専門の弁護士が、初回については無料で法律相談を実施しております。
ご家族が、ヤミ金事件に関わり、窃盗罪等の刑事事件や、特別法犯として逮捕されてお困りの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談下さい。

神奈川県神奈川警察署 初回接見費用:3万5400円)

 

ページの上部へ戻る