横浜市の刑事事件~出会い系サイト規制法違反で家宅捜索~前科回避に強い弁護士

2017-12-12

横浜市の刑事事件~出会い系サイト規制法違反で家宅捜索~前科回避に強い弁護士

神奈川県横浜市都筑区の会社員Aは、自宅のPCから、出会い系サイトの掲示板に「女子中学生か高校生で会える子募集しています。」等と書き込みをした疑いで、神奈川県都築警察署の警察官に出会い系サイト規制法違反逮捕されました。

(事例は、埼玉県警察HP「サイバー犯罪検挙事例」に記載された検挙事例を基にしたフィクションです。)

出会い系サイト規制法違反とは】
出会い系サイト規制法で罰則の対象となる行為は
・児童を性交等の相手方となるよう誘引する書き込み
・対償を供与することを示して、児童を異性交際の相手方となるよう誘引する書き込み
等があります。

出会い系サイト規制法違反家宅捜索されたら弁護士へ相談】

警察で公開している出会い系サイト規制法の検挙事例は、「サイバー犯罪の検挙事例」として掲載されているケースが多くあることからも、捜査の端緒が、警察官によるサイバーパトロール等で発覚しているケースが多くなっていると考えられます。
出会い系サイト規制法違反では、裏付け捜査として、ットワークを利用したPC端末、スマートフォン等を押収・解析するのため、関係先の家宅捜索行うと考えられます。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、出会い系サイト規制法違反等の、サイバー犯罪、性犯罪事件、刑事事件を専門とした弁護士事務所で、神奈川県横浜市都筑区刑事事件にも対応しております。

弊所の弁護士は、刑事弁護活動の経験が豊富ですので、家宅捜索後、取り調べで呼び出しを受けている、前科回避するにはどうしたらよいか等、様々なご質問に対し適切にアドバイスをいたしますので、出会い系サイト規制法違反等の刑事事件でお困りの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談下さい(無料相談受付中)
神奈川県都築警察署 初回接見費用3万6800円)

ページの上部へ戻る