川崎市の刑事事件(業務上横領罪)告訴事件で任意出頭~取り調べ対応に強い弁護士

2018-03-03

川崎市の刑事事件(業務上横領罪)告訴事件で任意出頭~取り調べ対応に強い弁護士

神奈川県川崎市宮前区所在の会社で経理担当をしていたAは、3千万以上の不正経理の疑いが掛けられました。
Aから真摯な対応が得られなかった会社側は、神奈川県川崎臨港警察署に相談し、数か月後に告訴状が受理されました。さらに数か月後、Aは警察署から任意出頭の要請を受けたので、取り調べ対応について不安になったAは川崎市内の刑事事件も扱ってる弁護士に相談しました。
(事例はフィクションです。)

告訴事件
告訴」とは、犯罪の被害者等が加害者への処罰を求めるため、捜査機関に犯罪事実を申告することです。
親告罪では「告訴」が訴訟要件ですが、それ以外の犯罪については、捜査の端緒として取り扱われます。
業務上横領罪等の企業内犯罪では、長期に渡って犯行が繰り返し行われていることもあり、被害金額も大きくなります。
企業側が漠然とした期間、金額で業務上横領として被害申告をした場合、態様によっては罪名が詐欺、背任罪になる可能性もあり、時効にも関わりますし、また別の方が関与している可能性もあります。
ですから、企業側は捜査機関に、「なぜ、この人物が何時頃この金額を横領をしたと言えるのか、業務性はあるのか」等、ある程度事実が明らかになるよう関係資料等を提出する必要がありますので、被害届ではなくこれらの資料と合わせて告訴状として提出を受けるケースも多くあります。

捜査機関から業務上横領等の告訴事件取り調べの要請を受けた場合、弁護士の事前のアドバイスが重要となります。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件専門の弁護士事務所です。
弊所は、告訴事件についても経験豊富な弁護士刑事弁護活動を適切に行います。
今後の対応にご不安な方は、まずは弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談下さい。
神奈川県川崎臨港警察署 初回接見費用:3万7400円)

ページの上部へ戻る