【平塚市の少年事件で逮捕】覚せい剤取締法違反(所持)なら弁護士に無料法律相談

2017-10-29

【平塚市の少年事件で逮捕】覚せい剤取締法違反(所持)なら弁護士に無料法律相談

神奈川県平塚市に住む少年A(18歳)は、友人からもらった覚せい剤を鞄に入れて路上を歩いていたところ、神奈川県平塚警察署の警察官から職務質問を受けました。
その後、所持品検査を求められ、鞄の中に覚せい剤を所持していたことが発覚し、予試験で覚せい剤の陽性反応が出たことから逮捕されました。
逮捕の連絡を受けた少年Aの家族は、少年覚せい剤取締法違反事件にも詳しいと評判の弁護士事務所の無料法律相談に申し込みました。

少年による覚せい剤取締法違反事件】

覚せい剤等の違法薬物の売買は、国際犯罪組織等が深く関わっており、その手口が年々巧妙化、洗潜在化しているため、取り締まりも強化されています。
薬物事件の検挙罪名は、覚せい剤取締法違反が多くを占めると言われておりますが、少年事件にあっても同様の傾向にあります。
平成28年度の警察白書によりますと、薬物事件で検挙された少年のうち、約半数が覚せい剤取締法違反で検挙されています。

少年覚せい剤取締法違反逮捕されたら】

覚せい剤取締法違反の所持が発覚した場合、少年であっても逮捕、勾留、接見禁止となる可能性があります。

覚せい剤を所持していた事実を争わない場合では、検察官や裁判官に「罪と認め反省していること」等を主張することも重要です。
また少年事件では、裁判官に対し、少年更生できる環境が整っていることや再犯防止策を講じること等も重要となりますので、少年事件専門の弁護士にご相談することをお勧めします。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、少年事件覚せい剤取締法違反等の刑事事件を専門に扱う弁護士事務所です。
少年覚せい剤取締法違反逮捕され、ご不安な方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所で行っている無料法律相談(初回のみ)をお申込み下さい。

神奈川県平塚警察署 初回接見費用:3万9100円)

ページの上部へ戻る