【横浜市の刑事事件】暴行罪で逮捕されたら~暴力事件の身柄解放に強い弁護士

2017-12-30

【横浜市の刑事事件】暴行罪で逮捕されたら~暴力事件の身柄解放に強い弁護士

会社員Aは、年末の休暇中、神奈川県横浜市神奈川区の飲食店で友人とお酒を飲んだ帰り道、すれ違いざまに肩がぶつかった男性と口論になり、暴行を加えて暴れてしまい、相手の方に現行犯逮捕されました。
神奈川県神奈川警察署から逮捕の知らせを受けたAの家族は、年明けの仕事が始まる前に早期に身柄解放されるにはどうしたらよいか、刑事事件専門の弁護士に相談しました。
(事例はフィクションです。)

暴力事件の傾向】

暴行罪や傷害罪等の暴力事件では、被害者の方が暴れる加害者の方をその場で取り押さえたり、また目撃者によって現行犯逮捕されるケースも多くあります。
その他、通報を受けて駆けつけた警察官により逮捕されるケースもあります。

暴力事件の早期身柄解放に強い弁護士

暴行罪等の暴力事件逮捕され、事実を認めている場合、早期に身柄解放がなされるには、被害者の方へ謝罪、被害弁償等をすることが重要です。
また釈放後、身柄を引き受ける方の監督誓約があること等も需要です。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件に特化した弁護士事務所です。
弊所では、これまでに多くの暴力事件で、早期に示談交渉、身柄解放活動を行った結果、職場に知られる前に釈放されたケースもあります。
ご家族が、暴行罪等の暴力事件逮捕され、早期に身柄解放がなされるにはどうしたらよいか等ご相談したい方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所までまずはお問合せ下さい。
神奈川神奈川警察署 初回接見費用:3万5400円)

ページの上部へ戻る