横浜市の刑事事件~少年が準強制性交等罪で逮捕~少年審判の対応に精通した弁護士

2017-12-02

横浜市の刑事事件~少年が準強制性交等罪で逮捕~少年審判の対応に精通した弁護士

神奈川県に住む少年Aは、横浜市南区内で泥酔していた女性に対する準強制性交等罪の疑いで、神奈川県南警察署逮捕されました。
少年Aの保護者は、横浜市南区少年事件にも対応している弁護士(付添人)に、今後の審判の対応について相談しました。
(事例はフィクションです。)

準強制性交等罪とは】

心神喪失又は抗拒不能となった人に対し性交等をした場合、「準強制性交等罪」が成立します。
事例の少年Aのように、お酒を飲ませて酩酊させた場合、既に酩酊状態となっている人に対し性交等をした場合、「準強制性交等罪」が問われることとなります。

少年審判の対応に強い弁護士

上記事例の少年Aのように、準強制性交等罪等の刑事事件少年逮捕され、検察官に送致された後、家庭裁判所へ送致され、少年審判が開かれることが多数です。
家庭裁判所に事件が送致された後、家庭裁判所の調査官による調査を受けることとなります。
調査官は、少年、家族から環境等について調査し、少年の更生について意見を出しますが、この調査官の意見は、審判に大きな影響を与えます。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、少年事件にも精通した弁護士事務所で
弊所の弁護士(家庭裁判所送致後は付添人)少年事件に精通していますので、少年や保護者の心情を理解し、事件と真摯に向き合い、審判に向けて継続的かつ多岐にわたる付添人活動を適切に行います。
弊所は横浜市南区刑事事件にも対応していますので、少年準強制性交等罪等の刑事事件逮捕され、審判対応についてご相談したい方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士まで豪相談下さい。
神奈川県南警察署 初回接見費用:3万5500円)

ページの上部へ戻る