横浜市の刑事事件~盗撮目的建造物侵入事件で逮捕~性犯罪事件の示談に強い弁護士

2017-12-01

横浜市の刑事事件~盗撮目的の建造物侵入事件~性犯罪事件の示談交渉に強い弁護士

Aは、横浜市保土ヶ谷区内のレストランで、女子トイレに侵入して個室内を盗撮した後トイレを出たところ、店員に見つかり、建造物侵入の疑いで現行犯逮捕され、神奈川県保土ヶ谷警察署の警察官に引き渡されました。
(事例はフィクションです。)

盗撮目的建造物侵入事件逮捕?】

事例のAのように、盗撮目的でレストラン、デパート内の女子トイレに侵入した場合、建造物侵入罪が問われます。
盗撮目的建造物侵入事件では、被害者や店員等により現行犯逮捕されるケースが多くあります。
またその場で被害者の方が現行犯逮捕しなかったとしても、通報を受けた警察で、証拠隠滅・逃走の恐れがあると判断されれば、通常逮捕されることもあります。

性犯罪事件示談交渉に強い弁護士

盗撮目的建造物侵入事件では、弁護士を通じて、被害店舗の方への謝罪や被害弁償、示談交渉の他、実際に盗撮行為がなされていれば、盗撮された被害者の方への被害弁償や示談交渉も重要となります。
検察官が起訴する前に、被害弁償や示談が成立していれば、不起訴処分とかる可能性も高まります。
ですが、当事者間による示談では、法律的に不十分な場合等、後から事件が蒸し返されることもあります。
ですから、性犯罪事件では、示談交渉の経験が豊富な弁護士に依頼することで、法律的な見地からも、事件の完全解決へ向けて、示談の成功率を高めることができます。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件性犯罪事件に特化しておりますので、これまでにも多くの事件で、依頼者の方、被害者の方も納得、安心できる示談交渉を成立させています。
弊所は横浜市保土ヶ谷区刑事事件性犯罪事件にも対応しておりますので、ご家族が、盗撮目的建造物侵入事件逮捕され、お困りの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談下さい。
神奈川県保土ヶ谷警察署 初回接見費用3万4400円)

ページの上部へ戻る