横浜市の刑事事件で逮捕~粗暴犯(公務執行妨害罪)で早期身柄釈放を目指す弁護士

2017-11-20

横浜市の刑事事件で逮捕~粗暴犯(公務執行妨害罪)で早期身柄釈放を目指す弁護士

Aは、横浜市鶴見区を運転中、神奈川県鶴見警察署の警察官に道路交通法違反の疑いで車を止められたことに納得がいかず、その場で警察官を突き飛ばしてしまい、逃走しようとしたところ、公務執行妨害罪現行犯逮捕されました。
Aの家族は、早期に身柄釈放をしてもらうにはどうしたらよいか、刑事事件公務執行妨害罪粗暴犯にも強いと評判の弁護士接見を依頼しました。
(フィクションです)

【~公務執行妨害罪での逮捕事例~】

公務執行妨害罪では、察官に対して行われることが多く、職務質問、交通取り締まり、交通検問、捜索差押時に、警察官を突き飛ばす、殴る等があります。

粗暴犯事件で罪を認める場合は、被害者の方への謝罪、被害弁償等が重要です。
ですが、公務執行妨害罪の場合、公務員の方が「個人の判断」で被害弁償を受領し公務執行妨害罪の被害届を取り下げる、といったことは通常ありません。
それは公務執行妨害罪は、「公務員」を保護法益とするものではなく、「公務員によって行われる公務を保護するもの」とされているからです。

ですから、公務執行妨害罪逮捕され、早期に身柄を釈放されるには、刑事事件専門の弁護士にご相談することをお勧めします。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、粗暴犯等の刑事事件の弁護活動の経験が豊富な弁護士が多数所属しております。

弊所では、ご契約前に、弁護士が警察署等に向かい、逮捕されている方と接見をする「初回接見サービス」をご提供しております。
「初回接見」の後、刑事弁護活動をご希望される場合は、弁護士粗暴犯事件等の刑事事件における弁護活動の詳細等についてもご説明いたします。
ご家族が、公務執行妨害罪等の粗暴犯事件、刑事事件逮捕され、接見を依頼したい方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所のフリーダイヤル(0120-631-881)までお問合せ下さい。
神奈川県鶴見警察署 初回接見費用3万6000円)

ページの上部へ戻る