【横浜市の刑事事件】神奈川県迷惑防止条例(痴漢)違反~性犯罪事件に強い弁護士

2017-11-19

【横浜市の刑事事件】神奈川県迷惑防止条例(盗撮)違反~性犯罪事件に強い弁護士

神奈川県に住むAは,駅校内のエスカレーターで,スマートフォンを利用して盗撮行為をしていたところ,神奈川県旭警察署の警察官に目撃され,任意同行を求められました。
その日は簡単な取調べと盗撮に使用したスマートフォンを任意提出した上で帰宅できましたが,今後について不安になり,横浜市旭区刑事事件・性犯罪事件にも対応している弁護士に相談しました。
(事例はフィクションです。)

盗撮行為で検挙される端緒とは・・ 】
盗撮については,各警察署の警察官だけでなく,鉄道警察隊の警察官等も警戒にあたっています。
そのため,盗撮行為における検挙の端緒としては,警察官による現認も多くあります。

また盗撮行為は,不審な行動が顕著に出やすいこともあり,警察官はもとより,第3者等の目撃者による通報等もあります。

神奈川県迷惑防止条例違反(盗撮)性犯罪事件なら弁護士にご相談を】

盗撮行為では,「逃走しようとした」,「盗撮に使用した携帯電話を壊そうとした」といった場合等,状況によっては逮捕される可能性もあります。
また在宅捜査となった場合でも,盗撮に使用した携帯電話機等は提出を求められ,本件だけでなく,余罪についても画像精査等により捜査が進みます。

盗撮等の性犯罪事件では,被害者の方への謝罪,被害弁償等が重要となります。
ですが,性犯罪事件の被害者の方は,加害者側との直接話しをすることに恐怖を覚えることもあります。
また「事件とは今後もあまり関わりたくない」「思い出したくない」等といった精神的被害の影響もありますので,被害者の方への謝罪等の交渉は,被害者対応にも精通した,刑事事件専門の弁護士に依頼することをお勧めします。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は,性犯罪事件にも経験豊富な弁護士が揃っております。
横浜市旭区痴漢等の神奈川県迷惑防止条例違反性犯罪事件について,今後の対応等についてご不安な方は,弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談下さい。
神奈川県旭警察署 初回接見費用3万6500円)

ページの上部へ戻る