【少年事件の環境調整】神奈川県大和市の窃盗罪(ひったくり)で逮捕なら弁護士に相談

2017-09-03

【少年事件の環境調整】神奈川県大和市の窃盗罪(ひったくり)で逮捕なら弁護士に相談

神奈川県大和市に住むA君は、不良グループの先輩から誘われて、原付バイクで2人乗りをして「ひったくり」行為を繰り返していたところ、神奈川県大和警察署の警察官に窃盗罪(ひったくり)逮捕されました。
A君の両親は、以前からA君を不良グループから離脱させたいと悩んでおり、少年事件専門の弁護士に相談したところ、「環境調整」という弁護活動について説明を受けました。
(フィクションです。)

窃盗罪(ひったくり)の手口】

「ひったくり」行為は、窃盗罪に該当します。
「ひったくり」でよくある手口は、原動機付自転車に乗車し、自転車で走行中や歩行中の方が所持している鞄等を背後からひったくる行為です。
自転車の前カゴに防犯ネットをせずに鞄を入れていたり、また車道側に鞄を持っていますと、日中でも「ひったくり」の被害を受ける可能性がありますので注意しましょう。

少年事件で重要な環境調整とは】

少年が窃盗罪(ひったくり)の罪を認めている場合は、早期身柄釈放やその後の処分を軽くするためには、被害者の方への謝罪や示談交渉が重要となります。

その他、少年事件では「環境調整」も重要になります。
特に少年が不良グループの一員として事件を起こした場合、再犯防止のためにもそのような環境から完全に離脱することが重要です。

弁護士との面会を通じ、交遊関係の見直しを含めた生活環境の改善について、反省・今後の対策について一緒に考えます。
環境調整を図るうえではご家族の協力が不可欠ですので、日常生活の中で本人の生活を監督していただくことになります。

このような環境調整は処分を軽くするためだけだけでなく、少年の将来にとっても重要な弁護活動となります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、少年事件・刑事事件のみを扱う弁護士事務所です。
弊所の弁護士は、少年事件に特化しておりますので、被害者の方への示談交渉等の他、再犯防止、環境調整等の弁護活動に自信があります。

少年による窃盗罪(ひったくり)で逮捕され、お困りの方は弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所まで無料法律相談をお申込み下さい。
神奈川県大和警察署 初回接見費用:3万6800円)

ページの上部へ戻る