【違法薬物事件にも強い弁護士】神奈川県小田原市の覚せい剤取締法違反で逮捕

2017-09-04

【違法薬物事件にも強い弁護士】神奈川県小田原市の覚せい剤取締法違反で逮捕

神奈川県に住むAは、以前から覚せい剤を使用しており、覚せい剤の購入資金稼ぎのため、小田原市内で窃盗(車上荒し)を繰り返していたところ、神奈川県小田原警察署の警察官に窃盗罪で逮捕されました。
その際、支離滅裂な言動をしていたことから、任意採尿を求められました。
後日、覚せい剤使用の陽性反応の鑑定結果が出たことから、Aさんは覚せい剤取締法違反で再逮捕されました。
(フィクションです。)

覚せい剤取締法違反の逮捕事例】

覚せい剤は依存症が強いため、一度でも使用するとなかなか止められなくなります。
そのため覚せい剤を購入する資金がなくなると、様々な犯罪行為に手を出してしまうことがあります。

覚せい剤取締法違反の逮捕事例としては、窃盗罪等で逮捕された際に覚せい剤を所持していたり、また自宅を家宅捜索された際に覚せい剤が発見され、鑑定結果が出た後再逮捕されるケースがあります。

また窃盗罪等で逮捕された際に支離滅裂な言動等をしていた場合、任意採尿を求められることもあります。
その他、人身事故現場や不審者等の通報により駆けつけた警察官により、職務質問や所持品検査、任意採尿を求められ、逮捕される事例もあります。

 

覚せい剤取締法違反の弁護活動例について】

覚せい剤取締法違反の事実に身に覚えがない場合の弁護活動として、依頼者の方と面会を通じて詳細な事実関係を聴取し、アリバイの確認や証拠を精査等を行い、客観的な状況をもとに無実であることを主張できるよう目指します。

覚せい剤取締法違反の事実に身に覚えがある場合は、できるだけ寛大な処分が下されるよう、情状弁護を行うことが重要になります。
具体的な弁護活動としては、薬物依存性ではないこと、本人が反省し再犯の危険がないこと等を主張します。
違法薬物の前科があったり、また執行猶予中に逮捕された場合では、薬物依存症の治療を受ける意思表示や家族のサポートがあること等を主張することも大事な弁護活動となります。

また事実を認めている場合でも、任意採尿手続きや押収手続きに違法性がなかったかを調査し、不起訴処分や無罪判決の獲得を目指します。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件薬物事件を専門の扱う弁護士事務所です。
弊所の弁護士は、違法薬物事件の取り扱いも豊富ですので、ご家族が覚せい剤等の違法薬物事件で逮捕され、弁護活動についてより詳細な説明をご希望される方は、初回の法律相談は無料で行っておりますので、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所まで、まずは無料法律相談をお申込み下さい。
神奈川県小田原警察署 初回接見費用4万1660円)

ページの上部へ戻る