【少年事件専門の弁護士】神奈川県川崎市の窃盗(下着泥棒)事件~犯罪手口捜査~

2017-10-26

【少年事件専門の弁護士】神奈川県川崎市の窃盗(下着泥棒)事件~犯罪手口捜査~

神奈川県川崎市に住む少年Aは、一軒家やアパートのベランダに干してある下着を盗む窃盗行為を繰り返していたところ、神奈川県中原警察署の警察官から、窃盗罪の疑いで取り調べの要請を受けました。
少年Aの家族は、取り調べのアドバイスや今後について不安になり、少年事件専門の弁護士に相談しました。

窃盗罪等の手口捜査

手口捜査とは、捜査機関が、窃盗等、繰り返し行われる可能性の高い罪種について、その手口を分析・資料化し、組織的に収集管理し、犯罪捜査に役立てる手法です。
手口捜査については、犯罪手口資料取扱規則により、手口捜査の対象罪種やその資料の管理方法等が定められています。
警察庁のHPでは、実際に手口捜査により、犯人検挙に至った事例についても紹介しています。

窃盗事件等では、警察官は通報等により現場へ駆けつけた後、被害状況の確認、実況見分、写真撮影、鑑識活動、犯行対象家屋の分析から、侵入形跡に至るまで詳細な手口を分析し、記録に残しています。

【少年が警察から呼び出しを受けたら】

少年が下着泥棒等の窃盗事件で、警察から任意取り調べの要請があった場合、少年事件、刑事事件専門の弁護士にご相談することをお勧めします。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件・少年事件に特化した弁護士事務所ですので、ご家族やご本人様から事情をお伺いした上で、適切なアドバイスをいたします。
また窃盗罪等は、再犯の可能性もあることから、少年事件専門の弁護士と、今後について環境調整を図ることも重要です。

ご家族が窃盗罪等の刑事事件、少年事件で警察から呼び出しを受けた、逮捕された、等とお困りの方は、まずは弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談下さい。

神奈川県中原警察署 初回接見費用:3万6600円)

ページの上部へ戻る