小田原市の刑事事件~無免許運転で人身交通事故~交通事故の刑事弁護に強い弁護士

2017-11-27

小田原市の刑事事件~無免許運転で人身交通事故~交通事故の刑事弁護に強い弁護士

Aは無免許(運転免許停止中)だったにも関わらず、職場に知られたら処分を受けるのではないか、と不安になり、会社には黙って仕事で運転をしていたところ、神奈川県小田原市人身交通事故を起こしてしまい、臨場した神奈川県小田原警察署の警察官に「免許は自宅にある」等と虚偽申告をしたところ、無免許運転であることが発覚し、逮捕されてしまいました。
(事例はフィクションです。)

無免許運転の事例~無免許運転で逮捕される?】

無免許運転とは、運転免許を取得していない、免許停止中、免許取り消し処分中、失効中、免許対象外の車両を運転した場合無免許運転となります。

無免許運転をした事情として、成人事件では、免許停止となったが職場や家族には言えず、無免許運転をしてしまった等の事情が多くみられます。
無免許運転が警察に発覚する端緒としては、交通検問、交通取り締まり、交通事故現場での事情聴取等があり、例えその場で警察官に「免許証を自宅に忘れた」等と申告しても、すぐに無免許か否かは発覚してしまいます。
無免許運転は、道路交通法違反となり法定刑は3年以下の懲役まはた50万円以下の罰金です。
また自動車運転死傷行為処罰法第6条で、自動車の運転により人を死傷させた者が無免許だった時は刑が加重されると規定されたため、無免許運転だった場合の法定刑は「10年以下の懲役」となります。

無免許運転で逮捕される事例としは、状況にもよりますが、速度超過、飲酒運転、人身交通事故を起こして無免許運転が発覚した等では逮捕される可能性も高くなります。

【交通事故の刑事弁護は専門の弁護士にご相談を】
人身交通事故を起こしてしまった場合、正式裁判にならないよう略式裁判による罰金処分、執行猶予を目指したい場合は早期に適切な弁護活動を行うことが重要です。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件交通事故の刑事弁護の経験が豊富です。
弊所は、神奈川県小田原市刑事事件交通事故事件刑事弁護についてもご相談を受けておりますので、まずは弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談下さい。
神奈川県小田原警察署 初回接見費用:4万1660円)

ページの上部へ戻る