川崎市の薬物事件~麻薬及び向精神薬取締法違反(MDMA)の公判に強い弁護士

2017-12-20

川崎市の薬物事件~麻薬及び向精神薬取締法違反(MDMA)の公判に強い弁護士

神奈川県川崎市多摩区に住むAは、神奈川県多摩警察署の警察官により、MDMAを所持していた疑いで、麻薬及び向精神薬取締法違反で逮捕、起訴されました。
Aの家族は、違法薬物事件刑事事件公判対応に強い弁護士に接見を依頼しました。
(事例はフィクションです。)

MDMAとは】

MDMAは、別名バツ、エックス、タマ、エクスタシー等と呼ばれていますが、「麻薬及び向精神薬取締法」により規制されている違法薬物の1つです。
MDMAは、合成麻薬で強い依存性があり、使用を続けると錯乱状態になる等様々な症状が現れることがあります。
麻薬及び向精神薬取締法では、MDMAの他、ヘロイン、コカイン、LSD等も規制しています。

違法薬物事件公判対応に強い弁護士

事例のケースでは、弁護士が接見に向かい、Aから事情を聞いたところ、AはMDMAを所持していた事実を認め、家族を悲しませないためにも二度と薬物に手を出さないという強い意思がありました。
このような場合では、できる限り量刑を軽くしてもらうために、情状弁護の弁護活動が重要となります。
情状弁護活動では、
・本人が罪を認め真摯に反省していること
・家族が監督することを誓約していること
・薬物治療の専門医のによるカウンセリングを受ける等、再犯防止について強い決意があること
等、本人に有利な事実を客観的に積み重ねて、公判で主張していくこととなります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士は、刑事事件門とした弁護士事務所ですので、これまでにも数多くの違法薬物事件を取り扱った経験があります。
ご家族がMDMA等の違法薬物事件で逮捕、起訴され、公判での弁護活動を依頼したい、再犯防止策についてアドバイスが欲しい等といったご相談もお受けしておりますので、フリーダイヤル0120-631-881までお問合せ下さい。
神奈川県多摩警察署 初回接見費用3万9900円)

ページの上部へ戻る