横浜市中区の刑事事件~売春防止法違反(困惑売春)~風俗関係事件にも強い弁護士

2017-12-19

横浜市中区の刑事事件~売春防止法違反(困惑売春)~風俗関係事件にも強い弁護士

夫婦である被疑者らは、神奈川県横浜市中区において、被害者に対し、不安を与えるような言動で心理的威迫を加えて困惑させ、不特定多数の遊客を売春の相手方として性交させるなどし、人を困惑させて売春をさせた上、その売春の対償の一部を収受していた疑いで、神奈川県伊勢佐木警察署は、被疑者らを売春防止法違反困惑等による売春、対償の収受)で検挙した。
(警察庁HP「平成28年における風俗環境の現状と風俗関係事犯の取締り状況等について」掲載の検挙事例を基に、警察署名等一部変更しています。)

売春防止法とは~困惑売春~】
売春防止法は、売春を助長する行為(斡旋、勧誘場所提供等)を処罰対象としています。

事例のケースでは、困惑売春でも検挙されており、売春防止法第7条では「人を欺き、若しくは困惑させてこれに売春をさせ、又は親族関係による影響力を利用して人に売春させた者は3年以下の懲役又は10万円以下の罰金に処する」と規定しています。

売春防止法等の風俗関係事件で逮捕されたら弁護士に相談】
売春防止法違反での検挙件数は年々減少傾向にありますが、平成28年中は570件検挙(警察庁HP参照)されていることからも、風俗関係事件の取締りは以前強化されていることが伺えます。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件に特化した弁護士事務所です。
弊所では、初回については無料で、刑事事件を専門にしている弁護士がご相談をお受けいたします。
売春防止法違反等の風俗関係事件でお困りの場合は、刑事事件の経験豊富な弁護士に依頼することで、道が開ける可能性が高まります。

まずは弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談下さい。
神奈川県伊勢佐木警察署 初回接見費用:3万5100円)

ページの上部へ戻る