川崎市多摩区の性犯罪事件(盗撮)で逮捕 再犯防止策に詳しい少年事件専門の弁護士 

2017-08-09

川崎市多摩区の性犯罪事件(盗撮)で逮捕 再犯防止策に詳しい少年事件専門の弁護士 

神奈川県川崎市多摩区に住む少年A(18歳)は、駅構内のエスカレーターで盗撮行為を繰り返していたところ、管轄の神奈川県多摩警察署の警察官に神奈川県迷惑防止条例違反逮捕されたました。
少年Aの両親は、少年事件の手続きがわからず、また性犯罪事件は再犯率も高いと聞き不安になり、少年事件専門の弁護士に無料法律相談を申し込みました。
(フィクションです。)

盗撮行為について】

神奈川県内で盗撮行為を行った場合は、「神奈川県迷惑行為防止条例違反」で捜査・逮捕される可能性があります。

平成26年7月に神奈川県迷惑行為防止条例の一部が改正されました。
盗撮行為についても規定が改正され、「公共の場所にいる人」を加害者側が自宅等の「公共の場所以外から盗撮する行為」も処罰対処となります。

また盗撮等の目的でカメラ等を「設置」したり、又「向ける行為」についても禁止されました。

神奈川県迷惑行為防止条例で定められている盗撮行為の法定刑は「1年以下の懲役又は100万円以下の罰金刑」です。

少年事件専門の弁護士による無料法律相談】

少年による性犯罪事件では、少年が保護者に対し羞恥心から事実を伝えられず悩んでしまったり、またそのため再犯防止への対策が不十分となってしまうケースがあります。
性犯罪事件は再犯率が高い傾向があるので、盗撮等の性犯罪事件で少年が逮捕された場合、少年事件・刑事事件専門の弁護士に相談することをお勧めします。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件・少年事件を専門とする弁護士事務所です。

少年事件での弁護活動の具体例としては、少年が事実を認めている場合では、弁護士が少年や保護者と面談等を通じて事件を振り返って更生を図り、再犯防止策を講じる等の弁護活動があります。
弁護士は、少年の処分を少しでも軽くしてもらえるようこれらの弁護活動を家庭裁判所に主張していきます。
弊所の弁護士は、少年による性犯罪事件について豊富な弁護活動の経験があり、適切な弁護活動の結果、審判不開始や不処分となった事案も少なくありません。

しかし少年事件で大切なのは、決して処分を軽くするためだけの弁護活動ではなく、少年の将来を見据えた弁護活動であることが重要です。
特に性犯罪事件では再犯を防ぐためにも、事実に間違いがない場合では弁護士と事件を振り返り、再犯防止策や環境調整を図ることは、少年や保護者にとっても重要な弁護活動となります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、初回の相談はすべて無料です。
無料法律相談のお申込みは、365日24時間受け付けています。
無料法律相談は、平日お仕事で相談できない方にも対応できるよう、弊所では土日、祝日も行っております。

神奈川県川崎市多摩区の少年による性犯罪事件でお悩みの方は、まずは弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所まで無料法律相談をお申込み下さい。

神奈川県多摩警察署 初回接見費用:3万9900円)

 

ページの上部へ戻る