【性犯罪事件の勾留阻止を目指す弁護士】神奈川県津久井警察署管内発生 公然わいせつ罪

2017-09-01

【性犯罪事件の勾留阻止を目指す弁護士】神奈川県津久井警察署管内発生 公然わいせつ罪

神奈川県相模原市緑区に住むAは、ストレス発散のため数回にわたり帰宅途中の路上で陰部を露出していたところ、警戒中の神奈川県津久井警察署の警察官に公然わいせつ罪で逮捕されました。
逮捕の知らせを受けたAの妻は、子供達に知られずになんとか早期に身柄が解放され自宅に戻る方法はないか、刑事事件専門の弁護士に相談しました。
(フィクションです。)

公然わいせつ罪

公然わいせつ罪は刑法第174条に定められ、法定刑は「6月以下の懲役若しくは30万円以下の罰金又は拘留若しくは科料」です。

公然わいせつ罪の成立要件は、公然とわいせつな行為をした場合に成立します。

公然わいせつ罪における「公然」の定義については、「不特定又は多数の人が認識することのできる状態」とされています。
これは現実に不特定又は多数の人が認識する必要はなく、認識の可能性があれば足りるとされています。
そのため不特定の人がいる可能性のある公園等でわいせつな行為をした場合、その場に誰もいなくても公然わいせつ罪が成立します。

公然わいせつ罪で規制される「わいせつな行為」とは、「行為者又はその他の人の性欲を刺激、興奮又は満足させる動作」でありかつ「一般人の性的羞恥心を害し、善良な性的道義観念に反する行為」とされています。

具体例としては,陰部を露出する行為等があります。

勾留阻止を目指す弁護士

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、公然わいせつ罪等の性犯罪刑事事件を専門に扱う弁護士事務所です。

刑事事件は、早急に対応することで早期身柄解放やその後の処分に大きく影響します。

弊所では、24時間、365日無料法律相談や初回のみの接見契約を受け付けております。

初回のみの接見とは、ご契約前に弊所の弁護士が、警察署等の留置施設で加害者の方と1回に限り面会するサービスです。
初回の接見サービス終了後も引き続き弊所の弁護士に弁護活動をご希望される場合、契約後身柄解放活動等の弁護活動を早急にいたします。

ご家族が公然わいせつ罪等の性犯罪事件で逮捕され、勾留阻止をお望みの方は、まずは弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所まで無料法律相談、または初回の接見サービスをお申込み下さい。
神奈川県津久井警察署 初回接見費用:4万2600円)

ページの上部へ戻る