神奈川県川崎市の暴行事件で逮捕 示談交渉に精通した刑事事件専門の弁護士

2017-08-10

神奈川県川崎市の暴行事件で逮捕 示談交渉に精通した刑事事件専門の弁護士 

神奈川県川崎市に住むAさんは、職場の飲み会の帰り道、駅ですれ違った男性に対し酔っぱらった勢いで殴って暴行を加え、通報を受けて駆けつけた神奈川県川崎臨港警察署の警察官に、暴行罪逮捕されました。

神奈川県川崎臨港警察署から逮捕の知らせを受けたAさんの家族は、被害者への謝罪や示談交渉に精通していると評判の刑事事件専門弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所に無料法律相談を申し込みました。
(フィクションです。)

暴行罪とは】

暴行罪とは、刑法第208条で定められ、法定刑は「2年以下の懲役、30万円以下の罰金、拘留又は科料」です。
暴行罪は、人に「暴行」を加えることで成立します。
暴行の結果、相手がケガをしてしまった場合は、より刑罰の重い「傷害罪」となります。
相手をケガさせる意図がなく暴行を加えた場合でも、相手がケガをした場合は「傷害罪」に該当しますので、注意が必要です。

暴行罪での逮捕事例として、夏休み期間中ですと特に多いのはイベント行事会場やその道中、お酒を飲んだ勢いもあり仲間同士や見知らぬ他人にぶつかった等の理由で暴行事件を起こし逮捕されるケース等があります。

暴行罪逮捕されたら示談交渉に強い弁護士

暴行罪の量刑相場は犯行態様によっても異なります。
初犯で悪質性がない場合は、略式裁判で罰金刑が多いです。
しかし、暴行の目的や態様が悪質、暴行の前科が多数ある、被害者への謝罪や示談不成立等のケースでは、正式裁判となり執行猶予がつかず懲役刑となる可能性もあります。

暴行罪等の被害者の方がいる刑事事件では、事実を認めている場合は早急に謝罪や示談を行うことで、その後の処分が軽くなる可能性も高まります。
しかし、暴行罪等の粗暴犯罪では、被害者の方が加害者側との直接の話し合いに恐怖を覚え、拒否するケースも多くあります。

そのため、暴行罪で逮捕された場合、刑事事件専門の弁護士に弁護を依頼することをお勧めします。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件専門の弁護士事務所です。
弊所では、示談交渉に精通した弁護士が、被害者の方が安心して謝罪や示談に応じられるよう、また依頼者の方も納得した交渉となるよう適切な示談交渉を行います。

ご家族が暴行罪で逮捕され、被害者への示談交渉を依頼したい方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所まで無料法律相談・接見をお申込み下さい。

神奈川県川崎臨港警察署 初回接見費用:3万7900円)

ページの上部へ戻る