川崎市高津区の刑事事件で逮捕 大麻取締法違反で再犯防止策を講じる弁護士

2017-07-29

川崎市高津区の刑事事件で逮捕 大麻取締法違反で再犯防止策を講じる弁護士

川崎市高津区に住むAは、自宅で大麻を吸引していたところ、神奈川県高津警察署の警察官が訪れ、令状を呈示し、家宅捜査が実施されました。
Aの室内から大麻が見つかり簡易検査の結果陽性反応が出たため、Aは大麻取締法違反の被疑者として高津警察署の警察官に逮捕されました。
高津警察署から知らせを受けたAの家族は、以前からAの大麻使用に悩んでいました。
そこで刑事事件専門の弁護士に弁護を依頼し、処分を軽くするためにはどうしたらよいか、また再犯防止策として家族でできることは何か相談しました。
(フィクションです。)

大麻取締法大麻使用による影響について】

大麻取締法」では大麻を無免許・無許可で「輸出」したり、また「所持」する等の行為を規制しています。

大麻等の違法薬物の摂取すると、学習障害や知覚機能等への影響があります。
大麻取締法違反等の薬物事件では、直接の被害者の方はいませんが、大麻等を使用して運転した結果事故を起こしたり、また大麻を入手するために別の犯罪行為をするなど様々な影響があります。
また大麻等の違法薬物は、依存性があり再犯率が高いと言われています。
そのため大麻等の違法薬物を一度使用してしまうと、家族の説得や本人の意思ではなかなか止められず、大麻取締法違反で逮捕されるまで何度も大麻の使用を繰り返してしまう傾向があります。

再犯防止策について】

大麻取締法違反等の違法薬物事件で逮捕された場合、勾留されて起訴される可能性が高いです。
そのため刑事事件専門の弁護士に弁護を依頼し、早期身柄の釈放や、起訴された場合でもできるだけ量刑を軽くするための弁護活動が重要です。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、大麻取締法違反等の刑事事件専門の弁護士事務所です。
弊所では、大麻取締法違反の事実に争いがない場合では、接見を通じて本人と話し合い反省の機会を与え、再犯防止策として薬物依存症治療の専門病院への通院をご家族とともに検討する等の弁護活動を行います。
このような再犯防止策を講じる弁護活動は、処分を軽くするためだけでなく、本人や再犯防止を願う家族のためにも大切な活動となります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、大麻取締法違反等の刑事事件専門の弁護士が所属しておりますので、再犯防止を望むご家族に寄り添い、親身になって対応致します。
大麻取締法違反等の刑事事件でご家族が逮捕され、お困りの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所まで無料相談をお申込み下さい。
神奈川県高津警察署 初回接見費用:3万8500円)

ページの上部へ戻る