神奈川県藤沢市の傷害罪で逮捕 刑事事件で前科回避を目指す弁護士

2017-07-28

神奈川県藤沢市の傷害罪で逮捕 刑事事件で前科回避を目指す弁護士

神奈川県に住むAは、藤沢駅構内を歩いていたところ、すれ違いざまに肩がぶつかった男性に対し殴ってケガをさせてしまいました。
慌ててその場から逃走しようとしたところ、警戒中の神奈川県藤沢警察署の警察官により、傷害罪の被疑者として逮捕されました。
藤沢警察署から連絡を受けたAの家族は、Aの前科を回避したいと考え、刑事事件専門の弁護士事務所に無料相談を申し込みました。
(フィクションです。)

傷害罪の成立要件】

傷害罪は、刑法第204条に定められ、法定刑は「15年以下の懲役又は50万円以下の罰金」です。
傷害罪の成立要件は、暴行による傷害事件の場合、判例では「暴行の犯意」があれば足りると考えられています。
また暴行によらない傷害事件では、「傷害の犯意」が必要であるとされています。
その他傷害罪では、「傷害の結果」が必要とされ、暴行やその他の加害行為による手段と傷害の結果に因果関係が必要であるとされています。

傷害事件の事例としては、知人同士による金銭・男女トラブルの他、Aのように見知らぬ他人同士のトラブルが原因となり傷害事件に発展するケース等があります。

刑事事件前科回避を目指す】

前科は、刑事事件で起訴されて裁判で罰金(略式命令の罰金も含む)や懲役刑等の有罪判決を受けると前科が付きます。
逮捕されても起訴されず「不起訴処分」になった場合は前科は付きません。

前科が付くと社会生活で支障が出る場合もあります。
職業によっては、禁錮刑以上の前科を受けると制限を受ける職種もあります。
また刑事事件で逮捕され、職場に知られても、企業によっては前科が付かず「不起訴処分」となれば解雇はされないケースもあります。
そのため傷害罪等の刑事事件逮捕された場合、早期に刑事事件専門の弁護士に相談し、検察官が起訴するか否か判断をする前に前科回避を目指す弁護活動をすることが重要です。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件に特化した法律事務所です。
弊所の弁護士は、検察官が起訴を判断する前に被害者との示談成立等の適切な弁護活動を迅速に行うことにより、多くの事件で前科を回避した実績があります。

ご家族が傷害罪等の刑事事件逮捕され、前科を回避したい方は、まずは弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所まで無料相談をお申込み下さい。
神奈川県藤沢警察署:初回接見費用3万円7900円)

ページの上部へ戻る